熊本保健科学大学

資料請求はこちら


キャンパスライフ

クラブ・サークル活動/ボランティア活動

大学生活の4年間を本当に充実させるために、どのようなことに心掛ければよいでしょうか。講義・演習にしっかり取り組むことで、医療者としての知識・技術、さらには幅広い人間的教養を身につけることが大切でしょう。

しかし、それで十分でしょうか。よい医療者・優れた社会人になるためには、知識・技術のみならず、忍耐力、折衝力、決断力、協調性などの人間力が必要となります。物事をやり遂げる力や他者を思いやる心なしには、よい医療者・優れた社会人にはなれないからです。激動する現代社会で生きぬいていくためにも人間力は欠かすことができません。

このように重要な人間力を養い、同時に、学生生活に活気と彩りを添えてくれるもの、これこそクラブ活動ではないでしょうか。熊保大では以下のような宣言を行い、みなさんのクラブ活動を応援しています。

クラブ活動

クラブ活動紹介はこちら

ENJOY CLUB ACTIVITIES!!
熊保大クラブ活動振興宣言-人間力ある医療人を目指して-

大学における課題活動としてのクラブ活動の重要性と意義は以前から久しく注目されてきました。知識や技術を学ぶ正課教育と並んで、クラブ活動には人格的形成を総合的に援助する役割が期待されているのです。
熊本保健科学大学は「知識・技術・思慮・仁愛」の四綱領を掲げています。
クラブ活動が養成する、行動力、忍耐力、適応力、協調性などの人間力は、特に「思慮・仁愛」につながるものです。熊本保健科学大学はこのように人間力を養い人間的成長を促進するクラブ活動の重要性を深く認識し、クラブ活動を大学教育の一環として位置づけ、クラブ活動を推奨し、その振興に努めます。

ボランティア活動

熊本保健科学大学では、これまで多くの先輩たちが多岐にわたるボランティア活動に従事してきました。そしてたくさんの活動が表彰の対象となっています。熊本保健科学大学では、このような伝統が今後も続くことを願い、「熊保大 ボランティア・スピリット」を掲げ、これからもボランティア活動を支援していきたいと考えています。

熊保大ボランティア・スピリット
伝統の継承、そしてさらなる発展を!!

熊本保健科学大学1号館玄関部分のギャラリーにはたくさんの表彰状や感謝状が飾られています。これらの表彰状、感謝状は、熊本保健科学大学の先輩たちが地域の人たちをはじめとして多くの人たちのために献身的なボランティア活動を行ったことへの勲章ともいえます。これらの活動は、地域の清掃活動から、難病患者・家族を支える活動、障がい者スポーツ活動への支援など、多岐にわたっています。
 また、近年では、認知症の方へのサポート活動や東日本大震災のために疎開した小学生たちとの共育・共生活動が表彰を受けました。これらのボランティア活動は、誰かに指示されてのことではなく、熊本保健科学大学の先輩たち自身の思いから生まれた活動です。熊本保健科学大学はこのような善き伝統が今後も続くことを願い、これからもボランティア活動の支援を行ないたいと考えています。