熊本保健科学大学


学部・学科

保健科学部

メッセージ

学部長・教授楢原 真二

 熊本保健科学大学は、「優れた医療技術者の養成を通じて社会に貢献する」ことを建学の精神として設立され、「知識」「技術」「思慮」「仁愛」を四綱領とし、「保健医療分野の教育と研究を通して社会に貢献できる医療技術者を養成する」ことをミッションに教育・研究活動を行なっています。

本学は、1959年に衛生検査技師養成所として創設され、その後、短大への改組転換、看護科設置を経て、2003年に社会に求められる医療人を育成するために教育研究体制を整備し、熊本保健科学大学として新たなスタートを切りました。4年制大学でも、優れた医療技術者の育成を通じて社会に貢献するという建学の精神に基づいて、リハビリテーション学科の新設(理学療法学専攻,生活機能療法学専攻,言語聴覚学専攻)など、保健医療分野の人材育成を使命として展開しています。

社会に貢献する医療人を養成するために、幅広い学生の入学を歓迎し、体系的専門知識及び専門能力を高めるカリキュラムと学修支援を用意しています。また、ポートフォリオによる継続的な学修状況の点検・到達度の確認など、SG担任(small group=少人数担任制度)教員によるきめ細やかな履修・学習指導、就職支援なども行っております。さらに、それぞれの学科では幅広い教養と専門知識、高い倫理観などを身につけた質の高い医療人を養成するために、臨床経験豊富な教員陣に加え、アクティブラーニングを取り入れた教育をも行っており、4年制大学開学以来、非常に高い国家試験合格率と就職率100%を維持しています。

熊本保健科学大学保健科学部には、医学検査学科、看護学科、リハビリテーション学科(理学療法学専攻、生活機能療法学専攻、言語聴覚学専攻)があり、本学部は医療・福祉に関する幅広い知識と教養を身につけ、誠実で高い倫理観を持ち、各々の専門分野及び社会で活躍できる人材を育成しています。

将来、保健医療分野などで貢献する強い意志を持った熱意ある学生の入学を教職員一同、心よりお待ちしています。