熊本保健科学大学


大学紹介

ハラスメント防止

ハラスメントを解決するための本学における相談の流れ

熊本保健科学大学は、本学全ての皆さんが一人一人かけがえのない個人として尊重され、人権侵害と性差別のない環境のもとで、安心して学習や課外活動、研究等に専念できるよう、ハラスメントのない修学環境を形成・維持することを目指します。熊本保健科学大学では次のような段階を経て、ハラスメントの悩みを聞き、すみやかに解決を図ります。

【第一段階】相談の申し込み

相談者(被害者やその知人等)は、スモール・グループ担任やハラスメント相談員などに連絡をとり、相談してください。相談にのってもらい情報を得る事で解決する場合もあります(相談)が、大学へ対応を依頼し、問題の解決を図るように申し立てをすることもできます(申し立て希望)。

【第二段階】調査および調停

相対策室は申し立てに適切に対応するため、必要に応じて調査を行い(調査)、解決策を検討します。調停を希望することもできます。いずれの場合も、調査経過や結果は相談者に報告されます。あなたのプライバシーは必ず守られます。相談したためにさらにいやな思いをすることがないように、細心の注意を払っています。

【相談窓口】

ハラスメント相談員・学生相談室・保健室・各学科長・別科長・研究科長・キャリア教育研修センター長

  • 電話、メール、手紙等、どの方法でも相談受付や相談が可能です。
  • ハラスメント相談員は学生掲示板に掲示されています。または、総務課にお尋ねください。