熊本保健科学大学


大学紹介

キャンパス紹介

キャンパスマップ
  • 1

    ソーラーシステム

    1号館の屋上には2672枚のソーラーパネルを設置しています。国内の大学では最大規模の太陽光発電システムで、出力480kW、年間約49万kWを発電し、学内の使用電力の1/4をまかなっています。

  • 2

    オープンスペース

    学内に複数あるオープンミーティングスペースは、通路の窓際にあって、とても開放的。集中して課題やレポートを仕上げたい時、また、友達との息抜きにもぴったりの場所です。

  • 3

    キャンパススクエア

    レストラン・図書館と講義室を結ぶ一角にベンチを設置。ちょっとした空き時間やお昼休みなどに仲間と語り合える憩いの場所となっています。

  • 4

    ゼミ室

    ゼミの研究やスモールグループでの指導に使われるミーティングルーム。ホワイトボードやパソコンを備え、仕切りを動かしてフレシキブルな空間作りが可能です。2号館・3号館にもあります。

  • 5

    LL・PCルーム

    約100台のパソコンを設置。英語学習支援システムをはじめ、さまざまな機能を備えています。主に情報処理演習や英語の授業で利用します。

  • 6

    学生相談室

    担当教職員が学生のあらゆる問題について相談に応じるカウンセリング室です。1人でも複数でも、友人や家族と訪れることも可能です。

  • 712

    ラーニングコモンズ

    本学のラーニングコモンズは、学生の皆さんの主体的な知的創造を可能とする環境づくりと学修支援を行うこと目的とし、図書館内と1号館1501教室に設置しました。

  • 8

    ショップ

    うっかり忘れがちな文房具から、小腹を満たすのにちょうどいいスナックまでなんでも揃っています。授業の合間に気分転換として訪れてみるのもおすすめです。

  • 9

    コミュニティスペース

    2号館内に設置されたフリースペースで、主にリハビリテーション学科の学生が使用します。広々とした空間では、動作を伴う演習の復習も行えます。

  • 10

    50周年記念館

    400名収容の多目的ホール。 大型スクリーンと最新のAV機器を備え、講義はもちろん、後援会やシンポジウムなどに使用します。

  • 11

    多目的アリーナ

    総面積1149㎡バレーボールやフットサルなどのクラブ活動だけではなく、入学式・卒業式や各種イベントなどにも活用。可動式のバスケットゴールは、昼休みや放課後など自由に使用できます。

  • 12

    図書館

    医療や保健に関する専門書をメインに、図書や雑誌はもちろん、ビデオやDVDといった視聴覚資料、さらには医療系データベースなど、豊富に揃えています。閲覧席、AVブース、ラーニングコモンズ(グループ学習室等)も設置。文献検索講習等も実施しています。

  • 13

    カフェコーナー

    学内レストランの横に位置する小さなスペース。ドリンクの自動販売機と小さなスペース。ドリンクの自動販売機と小さなテーブルが並び、ホッとひと息つける場所です。

  • 14

    レストラン

    太陽の光あふれる開放的なレストラン。昼休みになるとワイワイみんなが集まってきます。栄養バランスを考えたメニューが充実。一人暮らしの学生にも心強い味方です。

  • 15

    グラウンド

    野球やサッカーが楽しめるプレイグラウンド。豊かな自然に囲まれて、四季折々の美しい風景を眺めながら、思いっきりスポーツを楽しむことができます。

  • 16

    アリーナ

    地域に根ざし、地域に尊敬される大学を目指した高品質な教育環境づくり」を設計コンセプトに、収容人数1600人の新アリーナが完成。福祉避難所としての機能も兼ね備えています。

校舎について