OT.Journey Workiing worldwide from JAMAICA 世界で活躍する卒業生<作業療法士> 熊本保健科学大学

大学卒業を機に海外での仕事をしたい!そんな想いから私はJICAの青年海外協力隊として2017年1月に作業療法士として海外に派遣が決まりました。ここまでの道のりもなが〜い道のりで苦労も絶えませんでしたが、晴れて80日の研修を終え活動のスタートラインに立ちました。これからの2年間のジャマイカの生活を日々綴っていこうと思います。
ジャマイカでは「ジャマイカ知的障害者協会」というNGOに配属され、
そこが運営する特別支援学校に通う生徒の個別評価をして必要のある生徒に
個別リハを提供したりクラス内で先生方にOTの視点でアドバイスをしたりする予定です。

OTとは?

作業療法士=OT(Occupational Therapist)

ときに人は、生活(作業)することが不自由になる場合があります。
たとえば病気やケガをしたとき、それによって心身に障害が残ったとき。
生まれながらに、あるいは年を重ねることで障害をもつこともあります。
さらに障害は人が生活する環境にも存在しています。
そんな人の作業や環境に対し、働きかけるのが、作業療法士(OT)の仕事です。
患者さん(クライエント)の声を聞き、その人が望む作業を見つけ出し、再びその作業ができるようになることを目指し、実際の生活の場面を想定した実践的な練習(食事、着替え、入浴、トイレ、調理、洗濯、掃除、買い物、仕事など)や環境調整を行います。
作業療法士(OT)は、理学療法士(PT)や言語聴覚士(ST)などと同じリハビリテーション現場で活躍する“国家資格をもった専門職”です。

詳しくはコチラをご覧ください

熊保大生短期留学プログラム

アメリカイリノイ州ノーザンイリノイ大学ELSデカルブ校で学ぶ
2018年3月4日~4月1日※予定

充実した英語講座に加え、医療機関の視察や大学看護学科訪問もある、熊保大生のための留学プログラムです。アメリカに4週間滞在し、現地病院を訪問。ノーザンイリノイ大学の看護学科の施設を見学し、現地学生との交流もできます。
世界各国から集まる留学生とともに、レベル別のレッスンで英語コミュニケーション力を身につけます。アメリカ第3の都市シカゴへのフィールドトリップやホームステイ体験を通して、アメリカの文化に触れることもできます。
今後、保健医療分野でもグローバルな視点が必要になってきます。そこで、本プログラムの費用の約半額を大学が補助します。
異文化に触れ、グローバルな体験を通して、大きく成長してください。

詳しくはコチラをご覧ください

Copyright © Kumamoto Health Science University. All rights reserved.