熊本保健科学大学 キャリア教育研修センター


認定看護師教育課程

脳卒中看護分野

新たな認定看護師教育が始まりました。

さらなる在宅医療等の推進を図るため、医師の判断を待たずに、手順書により一定の診療の補助を行う看護師の育成が必要です。
あらゆる場で看護を必要とする対象に、高い臨床推論力と病態判断力に基づく水準の高い看護を実践できるよう、特定行為研修を組み込んだ認定看護師教育カリキュラムとなりました。

教育課程の目的

  • 1脳卒中看護分野において、個人、家族及び集団に対して、高い臨床推論力と病態判断力に基づき、熟練した看護技術及び知識を用いて水準の高い看護を実践できる能力を育成する。
  • 2脳卒中看護分野において、看護実践を通して看護職に対し指導を行える能力を育成する。
  • 3脳卒中看護分野において、看護職等に対しコンサルテーションを行える能力を育成する。
  • 4脳卒中看護分野において、多職種と協働しチーム医療のキーパーソンとしての役割を果たせる能力を育成する。

期待される能力

  • 1脳卒中患者における脳組織への影響に対して、高い臨床推論力・病態判断力に基づいた、病態の重篤化回避のためのモニタリングとケアが実践できる。
  • 2脳卒中患者の急性期・回復期・生活期において、一貫した生活再構築のプロセス管理と、セルフケア能力を高めるための計画的な回復支援ができる。
  • 3脳卒中患者の機能障害に対して、急性期から病態に応じた活動性維持・促進のため、適切な早期リハビリテーション看護を実践できる。
  • 4脳卒中に伴う機能障害が日常生活に及ぼす影響を予測し、生活の再構築のためのケアが実践できる。
  • 5脳卒中の発症・再発作予防のための健康管理について、脳卒中患者および家族に対して指導ができる。
  • 6脳卒中患者および家族の権利を擁護し、自己決定を尊重した看護を実践できる。
  • 7より質の高い医療と地域連携を推進するため、多職種と協働し、チーム医療のキーパーソンとして役割を果たすことができる。
  • 8脳卒中看護の役割モデルを示し、看護職への指導、看護職等にコンサルテーションを行うことができる。

脳卒中看護分野カリキュラム

【特定行為を組み込んだ新カリキュラム】

共通科目 1.臨床病態生理学 40
2.臨床推論 45
3.臨床推論:医療面接 15
4.フィジカルアセスメント:基礎 30
5.フィジカルアセスメント:応用 30
6.臨床薬理学:薬物動態 15
7.臨床薬理学:薬理作用 15
8.臨床薬理学:薬物治療・管理 30
9.疾病・臨床病態概論 40
10.疾病・臨床病態概論:状況別 15
11.医療安全学:医療倫理 15
12.医療安全学:医療安全管理 15
13.チーム医療論(特定行為実践) 15
14.特定行為実践 15
15.指導 15
16相談 15
17.看護管理 15
認定看護分野専門科目 1.脳卒中看護概論 15
2.脳卒中の病態生理と診断および治療 15
3.脳卒中機能障害とその評価 30
4.脳卒中患者・家族の理解 15
5.脳卒中急性期危篤化回避の支援技術 45
6.早期離床と日常生活活動自立に向けた支援技術 45
7.生活再構築のための支援技術 15
8.脳卒中患者への社会的な支援技術 15
特定行為研修区分別科目 1.栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連 22
2.精神・神経症状に係る薬剤投与関連 35
演習・実習 1.総合演習 15
2.臨地実習 150

年間スケジュール

4月2日 入学式・オリエンテーション eラーニング
4月上旬〜8月中旬 講義・演習は、eラーニングによる遠隔教育
※Zoomによるオンライン講義を月に2回実施します。
8月下旬 共通科目:実習・試験
区分別科目:演習・試験
大学における
集中講義
9月~10月 専門科目(脳卒中看護)
11月上旬 科目終了試験
11月上旬〜 臨地実習(急性期病棟)
11月上旬~12月上旬 特定行為研修実習(各行為5症例)
12月 ケースレポート作成
1月 ケースレポート発表
臨地実習(回復期リハビリテーション病棟)
2月 ケースレポート発表
修了試験
3月 修了式
※共通科目、特定行為研修区分別科目の一部はeラーニングを使用します。 週5日、1日3~4時間程度の受講時間が必要です。上記スケジュール、8月下旬以降は、大学まで通える環境を整えてください。