熊本保健科学大学


学部・学科

理学療法士という仕事

理学療法学専攻では理学療法士を養成します。

理学療法とは

病気や外傷などで身体に障がいのある人に、基本的な機能を回復させ 「動く」ことを取り戻すための治療行為です。

用いる治療手段

運動療法

筋力増強、姿勢改善、呼吸・循環機能改善 代謝機能改善など

物理療法

電気刺激療法、温熱療法、寒冷療法、超音波療法など

人間らしく生活できるように
「動き」を取り戻すことを追求します。

理学療法士の仕事

「動き」を取り戻すために
理学療法士が行うこと

理学療法士の手に
対象者の願いや人生が託されています

理学療法士の活躍の場

人生のあらゆる場面に関わることのできる職種です。

  • 医療機関
    • 手術の前後から
      (急性期)
    • 効果的な体の回復を促し
      (回復期)
    • 社会や日常生活に戻るまで
      (社会復帰)
  • 地域
    • 発達支援
    • 就学支援
    • スポーツ、健康づくり
    • 就労支援、生活習慣病予防
    • 介護予防
  • 教育・研究
    • 企業
    • 教育機関
    • 研究所

医学検査学科 年度別求人施設数

年々、熊保大への求人が増加傾向。
今後も求人数は増加傾向が予想されています。
就職率は開学以来100%です。

卒業後のキャリアアップ

「失った動きを取り戻す」という目標を達成するためには,動きのメカニズムについて解明する必要があるため、物理学および数学的な手法を用いてヒトの動きに関する研究を大学院で行っています。
大学院卒業後は、リハビリテーションに関わる研究と理学療法士の育成ができる教育研究機関への就職を目指しており、大学卒業時よりも目標とする職域が広がりました。

現役の理学療法士に聞きました!

働いて嬉しかったことは?

印象に残っているできごとは?

理学療法士を目指したきっかけは?