学部・学科の案内

看護学科

kango-top01-5-2

▽ 看護学科ここがポイント ▽

gakkasenkou-bana02kango-menu01-02kango-menu02kango-menu03-02


看護師という仕事

看護師は、健康問題を抱えた人々に対する日常生活上の援助、医師が患者さんを診察する際の補助、疾病の予防や健康維持増進の援助を行う仕事です。ただその人の病気や身体をみて看護するだけではありません。その人の心や家族の心と向き合い、彼らの置かれた状況を理解し、他の医療・福祉スタッフと協働してその人を支えていきます。医療の専門知識や技術だけではなく、人間や社会に関する幅広い視野と理解力、知識、豊かな人間力も必要とされます。



求める学生像

看護学科 求める学生像
(1) 人間・健康・社会に関心を寄せることのできる人
(2) 人との関わりを大切にし、だれもが尊厳をもつ存在であることを理解できる人
(3) 自分の考えをもって、それを表現でき、人の意見を聴くことのできる人


教育目標

看護学科 教育目標
看護の専門職として高い理想に向かって成長し続ける人間を、以下のような視点に立って育成する

(1) いのちの尊厳を基盤に、人としての権利を尊重し調和のとれた豊かな人間性を養う
(2) 人々の健康を科学的・系統的に理解し、生活の質の向上に取り組む能力を養う
(3) 看護の対象となる人の個別性を尊重した優しいケアを提供する姿勢を養う
(4) 保健・医療・福祉に関わる専門職としての知識・技術・態度をはぐくみ、チームの中で連携協働できる能力を養う
(5) 看護における創造性を培い、個人・家族・地域に対し主体的に看護活動ができる基盤を養う
(6) グローバルな視野で社会のニーズに注目し、生涯を通じて自己の資質の向上に努める


教育課程編成・実施の方針

看護学科 教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)
(1) 教養科目では、人間・社会・環境などの考え方を学び、広い視野を獲得し、また、自らの考えを表現し、伝えることができる力などを養成する。保健科学基幹科目には、保健医療の概要、健康障害とヘルスプロモーションを学ぶ科目、倫理観についての深い理解を目指す科目などを配置している。
(2) 専門基礎科目では、看護学の理論と実践の展開に必要な医学や保健医療の基礎となる科目について学ばせ、その過程で人間科学としての保健医療の考え方を学習させる。専門科目では、看護師、保健師に必要な知識・技術、思考方法を修得させる。
(3) 1年次では、教養科目に加えて、専門基礎科目を主に配置し、看護の対象となる人、及びその生活について多方面から理解させる。また、基礎となる専門科目も配置し、看護学の方向性を示すとともに動機づけを行う。
(4) 2年次以降は、専門基礎科目と専門科目を主に配置し、さまざまな健康レベルにある人の看護を段階的に学習させる。
(5) 3年次後期には、特定の疾患や看護場面における、より専門的な看護実践を学ぶ科目を配置する。
(6) 最終学年の4年次では、看護のマネージメント機能を学ぶ科目を配置する。また、看護現象における自らの疑問・関心を探求する能力を養うための研究科目(課題研究)を配置する。
(7) 看護の基礎教育の中で実習科目は重要であり1年次より配置している。1年次は看護の対象となる人に関心を寄せ、その人との関わりから看護の役割機能を考え、2年次では、身体的・心理的・社会的側面から看護の対象となる人を理解し、その援助を考えさせる。続いて3年次では、それまで学んだ看護論・方法論の知識・技術に基づき、各看護学の特徴的な技術と問題解決能力を養成する。4年次では、総合的な判断力、場に応じた看護技術を提供する対応能力を養うことを目的とした実習を配置する。
(8) 地域の健康問題に対応できる看護職を育成するために、地域看護関連の科目を配置し、地域住民の健康問題の解決について学びを深めさせる。また、地域で活躍できる保健師を育成するための科目を配置し、選択制で履修させる。


卒業認定・学位授与の方針

看護学科 卒業認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)
(1) いのちの尊厳と人としての権利を擁護することの意義を理解し、それを判断及び行動に結びつけることができる
(2) 自分の特徴を知り、対象となる人の人格や意思を尊重した関わりができる
(3) 人々の健康レベルを根拠に基づいて評価し、必要な看護を導き出すことができる
(4) 導き出した看護を安全に実施し、評価することができる
(5) チームにおける自分の役割を認識し、行動に責任をもつことができる
(6) 人々のQOL向上のため、社会資源の活用・開発や保健・医療・福祉チームとの連携の必要性を理解することができる
(7) 個人及び集団の健康の保持・増進、疾病からの回復に向けて、看護職者として自律した行動をとることができる
(8) 広く科学の進歩や保健・医療・福祉を取り巻く社会の変化に関心を寄せることができる
(9) 看護の専門性を探究する必要性を理解することができる


ページの先頭へ