学部・学科の案内

医学検査学科

igaku-top01-4-5

▽ 医学検査学科ここがポイント ▽

igaku-menu02-03igaku-menu05-2igaku-menu01-3igaku-menu03-04



臨床検査技師という仕事

臨床検査には患者さんから採取した血液や組織などを分析する検体検査と、心電図・脳波・超音 波など患者さんに直接触れて検査する生体検査があります。これらの検査を行うのが臨床検査技師 です。臨床検査技師の活躍の場は、病院だけでなく、大学院進学や企業での開発、健康食品管理士 など医療に関係した様々な分野へと広がっています。



求める学生像

医学検査学科 求める学生像
(1) 基礎医学分野や検査業務の意義について関心をもてる人
(2) 生活環境の衛生面や管理の意義について関心をもち、社会に貢献する意欲のある人
(3) 医療職者として求められる、協調性と柔軟性をもつ人


教育目標

医学検査学科 教育目標
(1) 人間の健康、身体の構造、機能、障害をもたらす疾患及び生活環境などの基本的な知識を有する人材を育てる
(2) 今日の科学技術の革新に対応した高度な検査を含めた臨床検査についての専門的な知識と技術を有する人材を育てる
(3) 疾患と検査値に関する知識を学び、的確な臨床支援のできる能力と見識を有する人材を育てる
(4) 食品の安全に関する科学的知識を身につけ、食品衛生管理に携わることのできる人材を育てる


教育課程編成・実施の方針

医学検査学科 教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)
臨床検査技師国家試験及び食品衛生管理者の任用資格に必要な科目を含めて、臨床検査学の知識と技術を身につけるための多様な専門科目を体系的に学ぶため、教養科目、保健科学基幹科目、専門基礎科目、専門科目により構成し、次のような方針で科目を系統的、段階的に編成する。

(1) 1年次には、生命の尊厳を基盤とした使命感と倫理感を背景として、チーム医療の担い手としての主体的思考やコミュニケーション能力などを養う教養科目、保健科学基幹科目を配当する。また、臨床検査学を学ぶ際の基礎となる人間の健康、身体の構造、機能などを学ぶ専門基礎科目を配当する。
(2) 2年次には、専門基礎科目に加えて、臨床検査学に関する専門知識や技術の中核をなす部分を学習するための講義及び実習科目を多く配当し、臨床検査に対する理解を深めさせる。また、専門科目において、アクティブ・ラーニングを導入し、様々なテーマについて問題提起、調査、討論などを行ない、自ら学ぶ姿勢を育成する。
(3) 3年次には、疾病と検査との係わり、精度管理や医療安全など、臨床現場に即したより実践的な専門科目の講義と実習を多く配置する。また、臨地実習を通して、臨床検査の実践能力、医療チームの一員としての責任と役割、医療人としての倫理感などを育成する。
(4) 4年次には、卒業後に臨床検査に関する研究を積極的行うことができる人材を育成するために、問題発掘能力、問題解決能力、ディスカッション能力、プレゼンテーション能力などを養う卒業研究を配置し、研究の素地を培う。また、チーム医療に貢献するために、検査データを総合的に解析し病態を推測できる能力を培う講義や演習を配当する。さらに、臨床検査技師の職種の多様性を鑑み、食品衛生関連、医療情報関連、卒業後の各種認定技師などの資格取得に対応した講義や演習を配当する。


卒業認定・学位授与の方針

医学検査学科 卒業認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)
(1) 専門職としての役割を認識し、チーム医療の担い手としての責任と役割を十分理解するとともに、円滑なコミュニケーションやプレゼンテーションができる
(2) 臨床検査技術の進歩や社会情勢の変化に常に関心を持ち続け、自己啓発に努め、自らの能力・専門性を高めていくことができる
(3) 臨床検査や医学研究に必要な基礎的及び専門的知識・技術を活かし、検査データの適切な解釈や病態の推測ができる
(4) 臨床検査技師として、医療関連分野や食品衛生分野などで幅広く活躍できる技能を習得している