熊本保健科学大学


学部・学科

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

理学療法士とは

理学療法士は、病気や交通事故などが原因で身体に障がいを持った人、あるいは高齢で身体が不自由になった人に対して、「座る」・「立つ」・「歩く」などの基本動作の回復をサポートする仕事です。最近では、呼吸循環器系の病気や糖尿病など内科的要因から歩行困難になる方に対するリハビリテーションも行っており、ますます高いレベルの知識と技術が必要とされています。

  • 求める
    学生像
  • 教育
    目標
  • 教育課程
    編成
    ・実施
    の方針
  • 卒業認定
    ・学位授与
    の方針
  • リハビリテーション学科 求める学生像

    • 1対象者の心身の痛みや多様な価値観に共感できる心のゆとりと優しさをもつ人
    • 2理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指すしっかりとした動機と意欲がある人
    • 3他者との良好なコミュニケーションをとることで信頼関係を築くことができる人
  • リハビリテーション学科 教育目標

    • 1対象者の立場に立ってQOLの向上をはかるための、科学的な思考力と判断力を培う
    • 2広い視野から課題を探求し、自立的に問題の解決をはかる力を育成する
    • 3保健・医療・福祉に関わる様々な専門職と連携協働し、自己の役割を主体的に責任を持って果たすことのできる人材を育成する
    • 4人間及び社会に対する深い洞察力をもち、社会の一員として幅広い視点から柔軟で総合的な判断のできる自立した人材を育成する

    リハビリテーション学科 理学療法学専攻 教育目標

    • 1対象者の基本的動作能力の向上やADL拡大のための実践力を持った理学療法士を育成する
    • 2エビデンスに基づいた思考と理学療法評価及び介入ができる理学療法士を育成する
    • 3チームアプローチに基づいた専門職としての知識、技術を持った理学療法士を育成する
    • 4社会貢献と医療の発展に寄与するために必要な探究心を持った理学療法士を育成する
  • リハビリテーション学科 理学療法学専攻 教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

    理学療法士国家試験に必要な科目を含めて、理学療法学の知識と技術を身につけるための多様な専門科目を体系的に学ぶため、教養科目、保健科学基幹科目、専門基礎科目、専門科目により構成し、次のような方針で科目を系統的、段階的に編成する。

    • 11年次には、チーム医療の担い手としての主体的思考やコミュ二ケーション能力などを養う教養科目、保健科学基幹科目を配当する。また、理学療法学を学ぶ際の基礎となる人間の健康、身体の構造、機能などを学ぶ専門基礎科目を配当する。「臨床見学実習」を通して、障害を持つ人々に対する思いやりの心を養うとともに、保健・医療・福祉領域の専門職がチームで働いていることを体験することにより、チームアプローチを理解させる。また、対象者との交流を通して対象者の抱える問題の多様性、病院・施設の目的、役割、運営について理解し、医療専門職を目指す学生としての自覚と態度を身につけさせる。
    • 22年次には、専門基礎科目に加えて、理学療法を実施する際に必要な検査項目に関する専門知識を学習するための講義および演習科目を多く配当し、理学療法学を理解する。また、「臨床検査測定実習」を通して、学内で履修した検査測定技術を実習先の病院・施設で実際の対象者に実践し、各検査の技術習得とともにその臨床的意義について理解を深める。
    • 3 3年次には、疾病と評価、その評価に基づく治療との係わりなど、臨床現場に即した理学療法学に関する実践的な専門科目の講義と演習を多く配当する。また、「臨床評価実習」を通して、検査測定技法の実際的な実施から客観的視点での問題点の抽出と分析、加えて基本的治療プログラムの考え方まで理解させる。
    • 44年次には「臨床総合実習Ⅰ」及び「臨床総合実習Ⅱ」を配当する。それら臨床総合実習を通して評価や問題点を統合的に解釈し、具体的な治療計画の立案から治療実施に至るまでの一貫した理学療法プロセスを総括的に理解させる。また、卒業研究を配当し、研究計画の立案、実施、論文作成、プレゼンテーションを通して理論的・論理的な方法論を習得させる。最終的には国家試験合格レベルの知識を習得し、卒業後に保健・医療・福祉分野のみならず社会の中で自らが新しい領域を開拓し、情報発信できるような理学療法士を育成する。
  • リハビリテーション学科 理学療法学専攻 卒業認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)

    • 1他者との良好な信頼関係を築くためのコミュニケーション能力を身につける
    • 2生命と人格を尊重し、思いやりの心を持つ
    • 3対象となる人の身体機能およびQOL向上を図るために必要な知識と技術を備える
    • 4科学的根拠に基づく問題解決能力と科学的探究心を持つ
    • 5自らの考えを表現し、他者に伝えることができる