熊本保健科学大学

資料請求はこちら


大学紹介

ご挨拶

学長メッセージ

熊本保健科学大学 学長竹屋 元裕

来たれ!
次世代の専門医療人をめざす若者たち!

 社会環境の整備や医療の高度化によって、我が国では長寿者が増え、急速に高齢化が進んでいます。長寿社会の進行とともに、国民の健康に対する期待は大きくふくらみ、健康で長生きしたいという「健康長寿」への願いが高まっています。加えて、新型コロナウイルスの流行をうけて、医療従事者へのニーズや期待がますます増大しています。

 本学は、九州におけるトップレベルの保健医療系大学として、最新の設備と充実した教育スタッフを揃えており、全国平均を上回る国家試験合格率と高い就職率を維持しています。本学は平成15年に四年制大学として開学いたしましたが、前身である化血研衛生検査技師養成所、熊本医学技術専門学校、銀杏学園短期大学を含めると、現在までに1万名に近い卒業生を輩出しており、とりわけ、臨床検査技師の養成数では九州で最大の実績を誇り、諸先輩による強力なネットワークが構築されています。

 本学では「良き医療人」の育成のため、「知識」、「技術」、「思慮」、「仁愛」の四つの基本綱領を掲げています。「知識」と「技術」は、医療人としての基盤となるもので、講義や実習を通して本学の教員が修得の機会を提供いたしますが、本人自ら率先して学修する努力が不可欠です。「思慮」と「仁愛」の心を身につけるには、教室内の学修だけでは不十分で、課外活動やボランティア活動、海外留学などに積極的に参加する意欲を期待します。私ども教職員一同は、それぞれの国家資格を得るために必要な「知識」と「技術」を教授するだけでなく、「思慮」と「仁愛」の心を持った「良き医療人」となるために十分な修学環境を提供致します。

 大学とは人生の設計図を描く場所です。熊本保健科学大学で次世代を担う専門医療人としての「でっかい設計図」を描いてみませんか!



  • 略歴

  • 昭和52年 熊本大学医学部医学科卒業
  • 昭和56年 熊本大学大学院医学研究科
    病理系専攻(博士課程)修了
  • 昭和63年 熊本大学講師
    (医学部 病理学第二講座)
  • 平成5年 熊本大学助教授
    (医学部 病理学第二講座)
  • 平成12年 熊本大学教授
    (医学部 病理学第二講座)
  • 平成20年 熊本大学副医学部長・
    医学科長(併任)
  • 平成22年 熊本大学大学院教授
    (生命科学研究部 細胞病理学分野)
  • 平成23年 熊本大学大学院生命科学研究部長・
    医学教育部長・医学部長(併任)
  • 平成27年 熊本大学理事・副学長
  • 平成29年 学校法人銀杏学園評議員
  • 平成31年 熊本保健科学大学学長

理事長メッセージ

学校法人銀杏学園 理事長木下 統晴

健康(幸せ)をまもる心と体のサイエンス

 2021年3月19日に学園理事長に就任しました。熊本大学大学院修了後、製薬企業にて研究、技術、現場、本社、役員など37年間勤め、2016年に一般財団法人化学及血清療法研究所の立て直しのために横浜から熊本に参りました。2017年から財団の理事長を務め、2018年にKMバイオロジクス社に製薬を事業譲渡し、現在は、非営利型法人として「平成120年」までの超長期的視点で科学者の育成等、公益的事業を中心に活動を進めています。大学と財団が力を合わせ、人財の育成、公衆衛生、健康に寄与する使命を果たします。

 新型コロナウイルスによるパンデミックは、私たちの生活に大きなインパクトを与えました。未知の感染症に対し、命を救うべく「臨床・治療」にあたられた医療従事者のみな様に敬意を表します。真夏にもマスクを着用し、三密を避けるなど、感染しない、感染させないという努力もなされました。世界が、科学技術を結集し、治療法をさがし、ワクチンや治療薬の開発に取り組みました。今後も予断を許しませんが、ワクチンの接種開始は一条の光です。熊本保健科学大学は、1945年に熊本医大(現熊本大学医学部)の太田原豊一博士が創業された化血研が、1959年に建学した衛生検査技師養成所に端を発する保健科学の教育・研究に取り組む大学であります。

 「臨床・治療」、そして、「保健・科学」という健康を保つための予防、健康寿命を延伸させるための医療技術者・研究者を育成する大学として、これから10年、20年、そして100年後を見据え、超長期的視点で取り組んでまいりたいと考えています。一人ひとりの個性を生かし、どのような仕事も面白く、前向きに取り組み、必ず社会の役に立つという信念を持って活躍する人財を育てることを目指します。学生、保護者、高等学校、医療機関、同窓会、行政、地域、教職員など全てのステークホルダーの方々が一致して国の宝、未来を担う人財の育成にご協力賜りますようお願いいたします。

  • 略歴

  • 昭和48年 熊本大学薬学部卒業
  • 昭和50年 熊本大学大学院薬学研究科
    修士課程修了
  • 昭和50年 明治製菓株式会社入社
  • 平成14年 同 小田原工場
    工場長(平成16年理事)、製造管理者
  • 平成19年 同 執行役員
    信頼性保証センター長、薬品知財管掌
    総括製造販売責任者
  • 平成25年 株式会社シーエムプラス顧問就任
  • 平成28年 一般財団法人化学及血清療法研究所
    理事就任
  • 平成29年 同 理事長就任(現在に至る)
  • 平成31年 学校法人銀杏学園
    理事・評議員就任
  • 令和3年
    理事長就任(現在に至る)

将来ビジョン

保健医療系大学として、
我が国のリーディング大学の一つとなる。