熊本保健科学大学

資料請求はこちら


大学のお知らせ

熊本保健科学大学における新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に関する考え方について

熊本保健科学大学の学生の皆さま
        保護者の皆さま

熊本保健科学大学
学長 竹屋 元裕

熊本保健科学大学における新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に関する考え方について

謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた制約のある生活が続いておりますが、本学においては大学独自のPCR検査体制を構築するなどして、より安心かつ安全に実習等が実施できるように努めてまいりました。
 現在、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が各地域において始まっているところですが、ワクチン接種の加速化を図るため、自治体によるワクチン接種とは別に大学等による職域接種の動きも出てまいりました。
 本学としましては、保健医療職を目指す学生の育成に取り組んでいることに鑑み、国の方針にしたがい職域接種の可能性を探るとともに、文部科学省の意向調査にも職域接種について希望する旨の回答を提出したところです。この意向調査は、今後の本学の判断を拘束するものではなく、また、希望すれば必ず接種が可能になるとは限らないとされているものです。
 今後、具体的に職域接種を実施する場合には、改めて学生・保護者の皆さまにご説明いたしますので、その際にはできるだけご協力いただきますようよろしくお願いいたします。
 なお、ワクチンの接種に当たっては、ご本人の同意を取らせていただきますことを申し添えます。

謹白

一覧へ戻る