熊本保健科学大学


大学のお知らせ

6月からの大学敷地内の立入りについて(5月28日更新)

本学は、新型コロナウイルス感染動向等を踏まえて、今後も大学敷地内における感染防止対策を講じます。

具体的には、前期授業においては、遠隔授業を基本として一部の実習科目等など登校を要する科目のみを対面授業とします。
そして、対面授業の実施にあたっては、原則として午前または午後のみの分散登校とし、学内での昼食禁止や教室の定員制限などにより感染予防対策に努めます。

つきましては、この方針を踏まえて、大学敷地内の立入りについても、6月から8月までの期間、次の対応とさせていただきます。
皆様には大変ご不便をおかけしますが、ご理解いただきます様よろしくお願いいたします。 

【対象期間】 令和2年6月1日から8月31日まで
※政府の緊急事態宣言や熊本県の休業要請などにより変更・延長する場合があります。

【敷地内立ち入り】
1.学 生
不要不急の立入りは禁止とし、対面授業など本学から登校指示のある日時のみ立入りを許可します。
ついては、オープンスペース等も利用禁止とし、学内での食事も本学からの指示がない限り禁止です。
また、図書館も、別途ご案内する「文献検索・文献複写・貸出・返却のみ」等の対応に制限します。
その他、下記のア~ウなど、立入りを要する場合は、事前に本学の担当部署にお問い合わせの上で、
立入りルールに従って対応ください。
) 急を要する証明書の受取(学務課)
) 対面による面接指導、求人票・試験結果報告書等の閲覧など(就職・実習支援課)
) 十分な通信環境を持たない学生の遠隔授業のためのLL/PC教室等の使用(学務課)

 2 一 般
大学への立入りはご遠慮ください。(但し、本学の担当教職員が要請し許可する場合を除く)
なお、一般の施設利用貸出も8月まで休止します。(但し、パークアンドライドを除く) 

3 教職員
通常の勤務体制となりますが、本学の感染対策マニュアルなどの順守、会議等のスペース確保、会合時間の短縮などにより感染予防対策に努めます。

                               危機対策本部

一覧へ戻る