熊本保健科学大学

資料請求はこちら


大学のお知らせ

行事・授業開始等について

熊本県独自の緊急事態宣言の発令に伴う本学の対応(2021年 1月15日更新)

学生・保護者の皆さまへ

 新型コロナウイルス感染症の急速な拡大を受けて、政府より新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が、隣接県である福岡県を含めた11都府県に発令されています。
 また、熊本県におきましても感染状況が悪化し、様々な場面において感染が確認され、年明け以降、県全体で大きく感染が拡大している状況にあり、国の緊急事態措置と同等の県独自の宣言が発令されました(期間:1月14日~2月7日)。
 緊急事態宣言下において、国から大学に対しては、感染防止と対面授業・遠隔授業の効果的な実施の両立に向けた適切な対応が求められています。
 本学では、これまでも新型コロナウイルス感染拡大防止に最善を尽くしながら、学生の学修機会の確保に努めてまいりました。この結果、これまでのところ、キャンパス内での感染は確認されていません。
 これらの状況から、本学では今後もキャンパス内での感染防止策を徹底しながら、今年度残りの授業や定期試験等について予定どおり実施します。
 大学の活動を円滑に進めていくためには、学生の皆さん一人ひとりの感染予防の心がけが何よりも大切です。マスク着用やこまめな手指消毒等の基本的な対策はもちろんのこと、学外においても感染予防に注意を払って行動してください。
 なお、今後も状況の変化により対応を変更する場合がありますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。

 令和3年1月15日

熊本保健科学大学 学長 竹屋 元裕

大学敷地内の立入り制限について(8月31日更新)

本学は、新型コロナウイルス感染動向等を踏まえて、感染防止対策を講じております。

つきましては、熊本県・熊本市の新型コロナウイルス感染リスクレベル4特別警報などを受けて、大学敷地内の立入りを8月末まで制限しておりましたが、9月より「学生の大学で認められた授業等への参加」などについては許可する一方で、一般の方などの立入り制限は継続とさせていただきます。

皆様には大変ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

【対象期間】
対象期間は未定ですが、変更となりましたら当ホームページでお知らせします。

危機対策本部

大学敷地内の立入りについて(8月6日更新)

本学は、新型コロナウイルス感染動向等を踏まえて、感染防止対策を講じております。

つきましては、先日の熊本県・熊本市の新型コロナウイルス感染リスクレベル4特別警報への引き上げなどを受けて、大学敷地内の立入りについては次の対応とさせていただくこととなりました。

皆様には大変ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

【対象期間】
令和2年8月31日迄 (対象期間延長や内容変更などは当ホームページでお知らせします)

危機対策本部

【重要】 一部科目における対面授業の開始について(6月1日より)

学生の皆さんへ

 4月27日に前期セメスターが始まり早や1ヶ月が経過しようとしております。皆さんには不慣れな遠隔授業や大学構内への立ち入り制限など、不自由な思いをさせており心苦しく思います。一方で、先生方からは皆さんが与えられた課題に真摯に取り組んでいるという声が届いており、自宅で課題に取り組む姿を想像しながら頼もしく思っているところです。
 そのような中、5月14日(木)には熊本県をはじめ39県において緊急事態宣言が解除されました。そこで本学においては6月1日(月)より一部の科目について対面授業を開始することを決めました。ただし今回は、3つの密を避けるために、まずは「実技を伴う科目」や「機器の取り扱いに関する科目」などに限定します。それ以外の科目については、少なくとも前期セメスター期間中は遠隔授業を継続しますので、時間割には十分に留意して臨んでいただきたいと思います。対面授業が行われる科目と時間割については、Active Academy Advance(AAA)を用いてお知らせします。
 なお、登学するにあたっては、『感染対策マニュアル(第3版)』及び『対面授業開始後における感染対策のポイント』にしたがい行動してください。
 まだ、すべての学生が一斉に学内に戻ってくる訳ではありませんが、皆さんと再会できることを楽しみにしております。

学長 竹屋 元裕

【学生の皆さんへ】5月末まで遠隔授業を延長することについて(5月1日更新)

 新型コロナウイルス感染症の影響が収束の兆しを見せない中、全国に先駆けて熊本の県立学校及び熊本市立小・中高等学校の休校が5月末まで延長されています。
 本学においても、4月27日(月)から一定期間(3~4週)は、対面式以外のWEB等を活用した方法での授業(遠隔授業)を実施することとしておりますが、このたび『5月末までの授業については、すべて遠隔授業とする』こととしましたので、皆さんへお知らせします。
 なお、6月以降の授業については、緊急事態宣言の延長等の状況を見ながら改めて連絡いたします。

【学生の皆さんへ】遠隔授業に関するよくある質問(Q&A)

遠隔授業に関するよくある質問をQ&Aでまとめましたので、ご確認ください。

遠隔授業に関するよくある質問

【学生の皆さんへ】遠隔授業の問い合わせについて(4月24日更新)

本学の遠隔授業に関する問い合わせ窓口をお知らせします。 今回の遠隔授業について、問い合わせ内容ごとに担当窓口を設けております。
つきましては、不明な点があれば、担当窓口の電子メールアドレスに、「学科(専攻)、学年、学生番号、氏名、問い合わせ内容等」を本文に明記のうえ、お問い合わせください。

【学生の皆さんへ】健康診断の中止について(4月13日更新)

4月14日(火)に予定していた健康診断(リハビリテーション学科 理学療法学専攻及び生活機能療法学専攻の1・4年次生、助産別科)は、諸般の事情により4月中の実施を見送ることとしました。
これに伴い、4月14日(火)は、健康診断を除いた時間割(健康診断以外の時間はそのまま)でガイダンスを行いますので、集合時間にご注意ください。
なお、今後の健康診断の方法や日時については、決まり次第お知らせします。

学務課

【新入生・在学生の皆さまへ】授業日程について(4月10日更新)

既にお伝えしておりますとおり、令和2年度前期の授業は4月27日(月)から開始します(一部学外実習に係る授業を除きます)。
しかしながら、新型コロナウイルス感染症が今なお拡大傾向であることに鑑み、4月27日(月)から一定期間(3~4週)は、対面式以外のWEB等を活用した方法で授業を実施する予定です。この期間は、学生の皆さんは大学に来る必要はありません。
具体的な内容については、来週に予定されているガイダンスや本学ホームページを通してお知らせします。

学務課

【新入生の皆さんへ】オリエンテーションのスケジュール変更について(4月8日更新)

4月3日に更新した内容から日程を一部変更しました。変更箇所は赤文字で示しています。

新年度の授業開始(4月27日)に向けた新入生オリエンテーションを、下記日程で実施します。新入生の皆さんは、入学予定の学科(専攻)・別科の日時を確認し、ご参加ください。
なお、オリエンテーション初日(初登校日)は4月10日(金)です。次に示すとおり、学科・別科によって開始時刻が異なりますので、お間違いのないようお気を付けください。

4月10日(金)

■医学検査学科
【受付】9:40~   【開始】10:00~(会場:3号館50周年記念館)
■看護学科
【受付】12:40~ 【開始】13:00~(会場:1号館1300L講義室)
■リハビリテーション学科
【受付】14:40~ 【開始】15:00~(会場:3号館50周年記念館)
■助産別科
【受付】11:40~ 【開始】12:00~(会場:3号館3103S講義室)

校内図はこちらをご覧ください。

4月13日(月)~14日(火)

入学する学科(専攻)・別科の実施時間を日程表でご確認ください(令和2年度新入生オリエンテーション日程表)。なお、この期間の会場は4/10(金)にお知らせします。

(参考)ハンカチマスクのつくり方
https://www.youtube.com/watch?v=219-OtHGje8&feature=youtu.be

※新型コロナウイルス感染症がさらに拡大するなど、今後の事態の変化に伴い、内容や日程を変更する場合がありますので、本ホームページにて随時、最新の情報をご確認ください。

学務課

【在学生の皆さんへ】前期ガイダンスのスケジュール変更について(4月8日更新)

4月3日に更新した内容から日程を一部変更しました。「令和2年度在学生ガイダンス日程表」で必ずご確認ください。

新年度の授業開始(4月27日)に向けた在学生の前期ガイダンスをリンク先の日程表のとおり実施します。(令和2年度在学生ガイダンス日程表

在学生の皆さんは、該当の学科(専攻)・学年の日時をご確認のうえ、ご参加ください。
なお、当初授業暦で設定されていた日程から大幅な変更が生じておりますのでご注意ください。また、教室につきましてはActive Academyにて別途お知らせしますので、事前に必ずご確認ください。

(参考)ハンカチマスクのつくり方
https://www.youtube.com/watch?v=219-OtHGje8&feature=youtu.be

※新型コロナウイルス感染症がさらに拡大するなど、今後の事態の変化に伴い、内容や日程を変更する場合がありますので、本ホームページにて随時、最新の情報をご確認ください。

学務課

【新入生の皆さんへ】 オリエンテーションのスケジュールについて(4月3日更新)

新年度の授業開始(4月27日)に向けた新入生オリエンテーションを、下記日程で実施します。新入生の皆さんは、入学予定の学科(専攻)・別科の日時を確認し、ご参加ください。
なお、オリエンテーション初日(初登校日)は4月10日(金)です。次に示すとおり、学科・別科によって開始時刻が異なりますので、お間違いのないようお気を付けください。

4月10日(金)

■医学検査学科
【受付】9:40~   【開始】10:00~(会場:3号館50周年記念館)
■看護学科
【受付】12:40~ 【開始】13:00~(会場:1号館1300L講義室)
■リハビリテーション学科
【受付】14:40~ 【開始】15:00~(会場:3号館50周年記念館)
■助産別科
【受付】11:40~ 【開始】12:00~(会場:3号館3103S講義室)

校内図はこちらをご覧ください。

4月13日(月)~15日(水)

入学する学科(専攻)・別科の実施時間を日程表でご確認ください(令和2年度新入生オリエンテーション日程表)。なお、この期間の会場は4/10(金)にお知らせします。

(参考)ハンカチマスクのつくり方
https://www.youtube.com/watch?v=219-OtHGje8&feature=youtu.be

※新型コロナウイルス感染症がさらに拡大するなど、今後の事態の変化に伴い、内容や日程を変更する場合がありますので、本ホームページにて随時、最新の情報をご確認ください。

学務課

【在学生の皆さんへ】 前期ガイダンスのスケジュールについて(4月3日更新)

新年度の授業開始(4月27日)に向けた在学生の前期ガイダンスをリンク先の日程表のとおり実施します。(令和2年度在学生ガイダンス日程表
在学生の皆さんは、該当の学科(専攻)・学年の日時をご確認のうえ、ご参加ください。
なお、当初授業暦で設定されていた日程から大幅な変更が生じておりますのでご注意ください。また、教室につきましてはActive
Academyにて別途お知らせしますので、事前に必ずご確認ください。

(参考)ハンカチマスクのつくり方
https://www.youtube.com/watch?v=219-OtHGje8&feature=youtu.be

※新型コロナウイルス感染症がさらに拡大するなど、今後の事態の変化に伴い、内容や日程を変更する場合がありますので、本ホームページにて随時、最新の情報をご確認ください。

学務課

令和2年度入学式の中止について(4月1日更新)

新入生の皆様
保護者、ご家族の皆様

 熊本保健科学大学は、令和2年4月6日(保健科学部医学検査学科、看護学科、リハビリテーション学科)と令和2年4月7日(助産別科)の両日に予定しておりました、令和2年度入学式を中止することとしましたのでお知らせします。

 本学は、入学式が、新入生、保護者、ご家族並びに関係される皆様にとって、人生の大きな節目であり、新生活のスタートとなる大切な日と位置づけ、感染予防に配慮した入学式の実施方法を検討し、当初の予定を延期・縮小して開催することとしておりました。

 しかしながら、国内の感染拡大や先日の熊本市独自の警戒区分設定など、様々な状況変化に鑑み、皆さまの安全確保を最優先とすべきと考え、断腸の思いで中止の決断に至りました。

 なお、入学式は中止となりますが、私たち教職員一同は、新入生の皆様を本学に迎えられることを心より歓迎いたします。そして、皆様が安心して学生生活を送ることができますよう新学期に向けた準備を見直しておりますので、オリエンテーション等の日程は、後日改めてお知らせいたします。

 皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

令和2年4月1日
熊本保健科学大学 学長  竹屋 元裕

※これまでの更新情報  
pdf令和2年度入学式の中止について(日程変更・一部中止)(3月13日更新)PDF

入学式以降の授業開始日等について(4月1日更新)

本学は、新型コロナウイルスの国内外の感染動向などを踏まえて、入学式は既にお知らせのとおり当初予定を延期し、規模を縮小して開催します。また、今回、授業開始日も以下のとおり延期することに決定しましたので、お知らせします。

※今後の状況変化により、日程等が変更される場合もありますので、本ホームページにて必ず最新の情報をご確認ください。

なお、今回の延期に伴うスケジュールの詳細は、後日、本ホームページ上でお知らせします。
また、大学院と認定看護・特定行為研修については、別途通知します。

総務課

卒業式・修了式の中止について(3月9日更新)

熊本保健科学大学は、新型コロナウイルス感染症に関する様々な状況を注視しながら、できる限り令和2年3月13日(金)の卒業式・修了式を開催する方向で対応しておりましたが、皆様の安全確保を最優先すべき状況にあるとの判断により「中止」することとしました。
大学としても苦渋の決断であり、大変残念ではございますが、感染の終息が見通せない現状を踏まえたうえでの判断ですので、何卒ご理解を賜ります様、お願い申し上げます。
なお、学位記、修了証書ならびに記念品等につきましては、後日、後日、保証人様宛にお送りさせていただきます。

令和2年3月9日
熊本保健科学大学
学長  竹屋 元裕

卒業・修了される皆さまへ(https://www.kumamoto-hsu.ac.jp/message/

※これまでの更新情報
pdf卒業式・修了式の開催方法の変更について(3月6日更新)PDF  
pdf卒業式・修了式の開催方法の変更について(2月28日更新)PDF

【在学生の皆さんへ】卒業・修了式等の対応(3月3日)

日本国内において新型コロナウイルス感染症患者が多数に上り、熊本県内においても5名の方の罹患が確認されています。今がまさに感染の流行を早期に収束させるために極めて重要な時期であり、総理大臣の要請を受け、全国的に小中学校、高等学校等が一斉臨時休業に入っていることは周知のことと思います。つきましては、在学生の皆さんにおかれましても、将来医療職を目指す人材であることを強く自覚し、人の多く集まるような場所にむやみに赴かないなど、感染拡大の危険を高める行為を慎むようお願いします。なお、3月13日に開催予定の卒業・修了式については、大学ホームページに記載しているとおり、卒業・修了生と教職員のみによる規模を縮小しての実施となりますので、在学生の皆さんは大学内に立ち入ることができません。皆さんのご理解とご協力をお願いします。

春のオープンキャンパス(2月28日)

新型コロナウイルスの感染が国内において拡大している現状に鑑み、3月28日(土)に開催を予定しておりました春のオープンキャンパスを中止とさせていただきます。参加を希望されていた皆さまの安全を考慮し、このような結果となりましたことをご理解くださいますようお願いいたしますと共に、ご期待に添えなくなってしまいましたことを深くお詫び申し上げます。なお、新年度の入試情報は、ホームページで順次更新していきますのでご確認ください。

新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染症対策動画

熊本保健科学大学では、新型コロナウイルス感染対策ワーキンググループにて啓発動画を制作しましたので公開します。今後、本学ではこの動画を活用して、学生等に感染予防対策をわかりやすく伝えていく予定です。


新型コロナウイルス感染症への対応について「第3報」(3月16日更新)

1. 感染予防対策について

教職員及び学生は、感染防止の徹底に常日頃から努めてください。

2.国内外への渡航や旅行について

急激な感染拡大を踏まえて、教職員及び学生は、不要不急の海外渡航や日本国内での移動を控えて下さい。なお、やむをえず海外渡航しなければならない場合や海外からの帰国後の対応については、以下の手続きに従い対応下さい。

3.新型コロナウイルス感染が疑われる場合について

令和2年3月16日 第3報
熊本保健科学大学
危機管理委員会 危機対策本部

※これまでの更新情報
pdf第2報(2月27日更新)PDF  
pdf第1報(2月21日)PDF  
pdf新型コロナウイルスへの注意喚起(1月31日)PDF

新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した学生への支援について

【在学生の皆さんへ】新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴う支援について(2月9日更新)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴う支援制度をまとめて掲載しました(情報更新)。支援を希望する場合は、各支援制度の案内に従って申請の手続きを行ってください。

◆本学独自の制度◆

学納金延納制度

本学は学納金延納制度をご用意しています。所定の延納願を提出していただき、学長の承認を受けることで、前期4月/後期9月の納付を前期6月/後期12月まで猶予するものです(令和2年度実績)。お早めに経理課へ延納願様式をご請求ください。
■問合せ先:経理課(☎096-275-2124

◆国などによる修学支援関係◆

高等教育の修学支援新制度【非課税世帯及びそれに準ずる世帯の方】

住民税非課税世帯とそれに準ずる世帯を対象に、学生生活に必要な生活費等をカバーする給付型奨学金と授業料等減免による支援を行う制度です。通常、前年度の課税標準額により審査を行いますが、新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した場合には、家計急変後の収入見込みにより審査されます。家計急変の対象とならない方についても、年2回の在学採用(令和3年4月に募集開始予定)に申し込むことができます。対象となる得るかどうかは、進学資金シミュレーターで確認することができます。

■申請期間:在学採用(令和3年4月に募集開始予定)、家計急変の採用(随時)
※家計急変の場合は、家計急変事由発生時から3か月以内の申請が必要です。
※授業料等減免については、給付型奨学金の支援区分と共通です。
(参考)文部科学省ホームページ https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/benefit/index.html
■問合せ先:学務課(☎096-275-2128

日本学生支援機構の貸与型奨学金【幅広い世帯の方】

日本学生支援機構の貸与型奨学金では、第一種(無利子)奨学金及び第二種(有利子)奨学金による支援があります。貸与月額は選択可能です。通常、前年度の収入金額等により審査を行いますが、新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した場合には、家計急変後の収入見込みにより審査されます、家計急変の対象とならない方についても、在学採用に申込むことができます。第一種奨学金は月額2~6.4万円(自宅・自宅外で貸与月額は異なります)、第二種奨学金は月額2~12万円(貸与利率:利率見直し方式0.002%、利率固定方式0.157%(令和2年12月貸与終了者の場合))から貸与月額を選択できます。「高等教育の修学支援新制度」よりも幅広い所得の世帯の方が対象となり、対象となる得るかどうかの見込みは、進学資金シミュレーターで確認することができます。なお、入学時に、希望により入学後第一回目の振込時にまとまった金額(10万円~50万円)の貸与(入学時特別増額)を申請することもできます。

■申請期間:在学採用(4~6月)、家計急変の採用(随時)
※第二種(有利子)奨学金については、秋募集も実施しています。
(参考)文部科学省ホームページ https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/benefit/index.html
■問合せ先:学務課(☎096-275-2128

緊急特別無利子貸与型奨学金【アルバイト収入減の方】

今般、アルバイト収入の大幅減少により修学が困難になっている学生等が緊急的に新たに奨学金の貸与を希望する場合に、実質無利子で貸し付けを行う制度です。
本学における申請方法についてはActive Academy Advance(AAA)で確認のうえ、申請手続を行ってください。

■掲載場所:AAA > Webフォルダ > 奨学金関係
■申請期間:令和3年2月12日(金)17時まで(厳守)※期間を延長しました。
(参考)文部科学省ホームページ https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/benefit/index.html
■問合せ先:学務課(☎096-275-2128

有利子奨学金の貸与期間延長【就職が決まっていない方】

新型コロナウイルス感染症の影響等による内定取消等で、やむを得ず、令和3年度も大学等に在籍する学生等に対して、緊急支援として、修業年限を超えて第二種(有利子)奨学金の貸与期間が最大1年間延長されます。また、新規申込も可能となっています。

■申請期間:令和3年度在学採用において募集予定
(参考)文部科学省ホームページ https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/benefit/index.html
■問合せ先:学務課(☎096-275-2128

休学中の者への有利子奨学金の継続貸与【休学中にボランティア活動等に参加する方】

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、大学等を休学してボランティア活動に参加する等、学びの複線化を理由に休学する学生等に対して、通常休学期間は奨学金の貸与は認められないところ、特例として第二種(有利子)奨学金について貸与を休止せず、最大1年間貸与が継続されます。また、新規申込も可能となっています。

(参考)文部科学省ホームページ https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/benefit/index.html
■問合せ先:学務課(☎096-275-2128

自治体独自の奨学金や民間奨学金等

自治体が独自に奨学金等の制度を持っている場合もあります。また、民間の奨学金についても、申込みが可能な場合もあります(こうした支援については、日本学生支援機構のWebページでも一部紹介されています)。なお、本学に案内のあったものは、随時、Active Academy Advance(AAA)に掲載しています。

■掲載場所:AAA > Webフォルダ > 奨学金関係
■申請期間:各奨学金等により異なります
(参考)日本学生支援機構ホームページ「大学・地方公共団体等が行う奨学金制度」
https://www.jasso.go.jp/about/statistics/shogaku_dantaiseido/index.html
■問合せ先:学務課(☎096-275-2128

◆上記のほか、経済的に困難な場合に活用できる制度等◆

日本政策金融公庫の教育ローン【幅広い世帯の方】

大学等に入学・在学する方の保護者に対し、学生等1人あたり350万円以内(一定の要件に該当する場合は450万円まで)の貸付を行うものです。利息は年1.68%(固定金利)です。
■申請期間:随時
■問合せ先:日本政策金融公庫 https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金(新型コロナに伴う特例措置)【事業主】

事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、従業員の雇用維持を図るため、労使間の協定に基づき休業を実施した場合に、事業主が従業員に支払った休業手当の一部を助成するもので、学生アルバイトを含む非正規雇用の従業員の休業も助成金の支給対象としているほか、新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の縮小している事業主に対し、助成率の引上げ等の特例措置が講じられています。
※現行の特例措置は緊急事態宣言が全国で解除された月の翌月末まで。
※緊急事態宣言に伴い、基本的対処方針に沿った知事の要請を受けて時短営業等に協力した大企業の飲食店等に加え、業況の厳しい大企業についても中小企業と同水準の助成率(最大10/10)に引き上げられています。

■申請期間:事業主が設定した原則1か月の休業実施期間末日の翌日から2か月以内(※事業主が申請)
■問合せ先:
・都道府県労働局・公共職業安定所(ハローワーク)
・雇用調整助成金コールセンター(0120-60-3999 受付時間 9:00~21:00(土日・祝日含む))
・厚生労働省公式LINEアカウント ※詳細は厚生労働省ホームページを参照してください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html#inquiry

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金【学生アルバイトを含む、休業手当を受けることができなかった中小企業の労働者】

新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止の措置の影響により休業させられた中小企業の労働者のうち、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった方に対し、休業前賃金の8割(日額上限11,000円)を、休業実績に応じて支給を行うもので、学生アルバイトも支援対象となります。また、時短営業等で勤務時間が減少した場合や、シフト日の減少など月の一部分の休業も対象となります(就労した日などを休業実績から除いた上で対象となります)。
■申請期間:労働者が事業主の協力を得て、申請。締め切りは、原則以下のとおりです。

休業した期間 締切日(郵送の場合は必着)
令和2年10月~12月 令和3年3月31日(水)
令和3年1月~2月 令和3年5月31日(月)

■問合せ先: ・厚生労働省ホームページ https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html
・新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・助成金コールセンター
 (0120-221-276 受付時間:月~金 8:30~20:00/土日祝 8:30~17:15)

生活福祉資金貸付金(緊急小口資金の特例貸付)【幅広い世帯の方】

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための生活資金を必要とする世帯に20万円以内の貸付を行うものです。
※新型コロナウイルスの影響で収入の減少があれば、休業状態になくても対象となります。
※返済開始時期が令和4年3月末まで延長されています。
■申請期間:随時(令和3年3月末まで)
■問合せ先:お住まいの市区町村の社会福祉協議会
・個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター
(☎0120-46-1999 受付時間:9:00~21:00(土日・祝日含む))
※熊本市の窓口はこちらから確認してください。
https://www.city.kumamoto.jp/corona/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=33536
※厚生労働省ホームページ https://corona-support.mhlw.go.jp/
※紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=i339Vovm-S4
※緊急小口資金のほか、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯を対象に、月15万円以内(単身世帯の場合)を貸付上限額とした無利子の貸付を行う総合支援資金があります。

生活福祉資金貸付金(教育支援資金)【低所得世帯】

低所得世帯を対象として、大学等に修学するために必要な経費について、月額6.5万円以内(大学の場合)を無利子で貸付を行うものです。また、入学に際し必要な経費について、50万円以内の貸付を行うものです。
■申請期間:随時
■問合せ先:お住まいの市区町村の社会福祉協議会 
※熊本市の窓口はこちらから確認してください。
https://www.city.kumamoto.jp/corona/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=33536
※生活福祉資金貸付制度:厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatsu-fukushi-shikin1/index.html

母子父子寡婦福祉貸付金(就学支度資金・修学資金)【母子・父子・寡婦家庭の方】

母子・父子・寡婦家庭の方が、①就学するために必要な受験料、被服費等に必要な資金として、無利子・59万円以内(私立大学の場合)、②大学等に就学するための授業料、書籍代、交通費、生活費等に必要な資金に充てる資金として、無利子・月14.6万円以内(大学で自宅外通学の場合)で貸付を受けられる制度です。
※母子父子寡婦福祉貸付金による貸付を受けた方であって、「高等教育の修学支援新制度」による支援を受けた方は、母子父子寡婦福祉貸付金の一部または全部を返還する必要があります。
■申請期間:随時
■問合せ先:お住まいの都道府県・指定都市・中核市の福祉事務所等のひとり親世帯関係施策担当
※熊本市の窓口はこちらから確認してください。
https://www.city.kumamoto.jp/corona/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=33536
※ひとり親世帯関係施策:厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-katei/index.html

住居確保給付金【独立生計・収入減の方】

離職・廃業後2年以内または休業等に伴う収入減少により住居を失うおそれが生じている方(※)に家賃相当額(住宅扶助特別基準額が上限)を自治体から家主へ支給することで支援する制度です。
※支給期間:原則3か月(最長9か月(令和2年度中に新規申請した方は最長12か月))
※令和3年3月末までの間、支給が一旦終了した方に対して、3か月間の再支給を可能とする予定(2月上旬)
※学生アルバイトの場合は、基本的には対象には想定されていませんが、世帯生計を維持している(専らアルバイトにより学費や生活費等を賄っていた等)ことや求職活動などの支給要件に該当する方は支給対象になる場合がありますので、詳しくは相談窓口となる自立相談支援機関等に相談してください。
■申請期間:随時
■問合せ先:・お住まいの都道府県・市・区等の自立相談支援機関
・住居確保給付金相談コールセンター(0120-23-5572 受付時間:9:00~21:00(土日・祝日含む))
※熊本市の窓口はこちらから確認してください。
https://www.city.kumamoto.jp/corona/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=33536
※厚生労働省ホームページ https://corona-support.mhlw.go.jp/jukyokakuhokyufukin/index.html
※紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=jknSTkyyGTk

【在学生の皆さんへ】熊本県生活困窮大学生等のための給付金事業について〈対象者と交付要件が拡充されました〉(8月25日更新)

「熊本県生活困窮大学生等のための給付金事業」は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けている熊本県内の大学等に在籍する大学生等に5万円が給付されるものです。
これまでは、「生計維持者の住民税が非課税であること」が交付要件でしたが、この度、対象者と交付要件が拡充され、「学生本人のアルバイト収入等が減少していること」が新たに加わりました。
申請を希望する方は、下記ページから申請書等をダウンロードし、各自で申請を行ってください。

熊本県ホームページ
https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_33055.html
■申請期間:令和2年11月30日(月)まで
■問合せ先:熊本県(☎096-333-2738)
※本給付金を既に受給した方は、今回の拡充分との重複受給はできません。