熊本保健科学大学


就職支援課

就職支援課からのメッセージ

就職委員長のメッセージ

本学の就職委員会は、医学検査学科、看護学科、リハビリテーション学科の3専攻と就職支援課からなる教職員で構成されています。すなわち、各学科や各専攻に応じたきめ細やかな就職支援が可能であります。この事実は、過去の高い就職率からも垣間見ることができます。
具体的には、新入生オリエンテーションから始まり、マナー講座、保護者会、就職ガイダンス、医療施設合同説明会、面接指導などが開催されます。全学年を通じてのキャリア教育支援によって、学生の計画的な就職活動および進路決定が円滑に行えるような体制です。
就職委員会は、学生の希望する進路実現に向けて、時代のニーズに対応した人材育成も視野に入れながら、様々な取り組みを続けていきます。

就職支援課長のメッセージ

当ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
本学の進路決定率(就職・進学)は、開学以来100%を継続しております。これは、学生本人による努力もさることながら、先生方の日々の指導や就職委員会と連携した就職支援課のささやかな就職支援活動によるもので、とても誇り得ることでございます。
就職支援課では、平成29年度より「テーラーメイド(TM)就職支援」をスローガンに、学生一人ひとりの個性に適った就職支援に取り組んでいます。就職活動はこれから働き続ける自分の居場所を選ぶわけですから大きな人生の岐路といえるでしょう。学生たちには自分の夢を実現できる様々な選択肢がございます。「この就職先でこれを取り組みたい」という具体的な目標が見つけられるよう、私たちは学生と向き合い、本人が求めるのは何か、それは希望先で実現できるのか、何度も何度も話し合って共に導き出していく所存でございます。学生たちの思いに寄り添った支援ができるよう努めてまいりますので、どうぞ安心してお任せください。