熊本保健科学大学


学部・学科

言語聴覚士という仕事

言語聴覚学専攻では言語聴覚士を養成します。

言語聴覚学とは

病言語(ことば)・聴覚(聴こえ)・嚥下(飲み込み)障害と そのリハビリについて学びます。

言語聴覚障碍者は
推定650万人ほどいます

脳と言葉(医学と言語学、心理学)の幅広いつがなりが学問としての魅力。
理系・文系、どちらの長所も活かせる分野です。

言語聴覚士の仕事

話す、聞く、食べるの
スペシャリスト

「話す」「聞く」「食べる」という生きるうえで不可欠の機能を失うことは言葉に言い表せない苦しみですが、そのような方々のリハビリをするのが言語聴覚士です。

コミュニケーションや食べる障害に対応
  • 言語障害
    • 上手く話せない
    • 話が理解できない
    • 文字が読めない
  • 音声障害
    • 咽頭がんなどで声帯を失い声が出にくい
  • 構音障害
    • 「サカナ→チャカナ」など幼児の発音が抜けない
    • ロレツがまわらない
  • 嚥下障害
    • うまく食べられない
    • うまく飲み込めない

理系・文系に関わらず目指せる医療職です。
文系出身でもリメディアル教育サポート(物理・生物など)があり、安心して学習できます。

言語聴覚士の活躍の場

医療の現場で最も多くの言語聴覚士が求められており、
介護保険分野での求人も増えてきています。
また特別支援教育での言語聴覚士の必要性も高まっています。

全国的に不足する
言語聴覚士

言語・嚥下リハビリが必要な人は推定650万人程度。
全国的に言語聴覚士が不足しています。
※全国的に学生数の10倍以上の求人があります。

言語聴覚士の求人状況

現役の言語聴覚士に聞きました!

10年後はどうなっていたい?

働いて嬉しかったことは?

印象に残っていることは?