熊本保健科学大学


学部・学科

メッセージ

学科長・専攻長からのメッセージ

リハビリテーション学科 学科長・教授山野 克明

本学は医療専門職を養成する大学ですので、相応の知識や技術を身につける必要があります。ただ、専門職として第一線で活躍するためには、学問に対し、一生をかけて向き合っていくという姿勢が必要です。臨床で患者さんと接すると、教科書に書かれていない事象に関わる機会がたくさんあります。皆さんは自らの意思と行動力で様々な困難を解決しなければなりません。「自らの力で問題を解決できる力」は皆さんの専門職としての資質を高める意味でも、そして専門職としての支えとなる学問を極めるという意味でも、もっとも身につけて欲しい大切なことだと思っています。
本学は学内の雰囲気も良く、学生間の交流がとても盛んです。学科を超えた授業やサークル活動、学友会などすべての学科・学年が仲良く交流しています。また、教育・研究・臨床において高い実績を持ったスペシャリストの教員が揃っていることと、教員と学生の距離が近いのも魅力のひとつです。多くの学生が卒業後も本学を訪ねてくれるのはその証拠でしょう。教員は学生一人ひとりの個性をしっかりと把握し、個人に合わせた指導を行います。
 大きな志と愛を持って医療の専門職を目指そうとしている皆さん。ただ「人にやさしい」だけでは患者さんの現実と向き合うことはできません。他者の価値観をしっかりと受け止め、互いに寄り添う姿勢が必要です。そして、医療の専門職は常に人の模範となる存在でなければなりません。そのために、自らの限界に対する挑戦を怠らず、己に厳しくあって欲しいと思います。

リハビリテーション学科・生活機能療法学専攻 専攻長・准教授吉田 真理子

作業療法士は「こころ」と「からだ」のリハビリテーションを行います。

作業療法士は、あらゆる人が「自分らしい豊かな生活」を送れるように、病気やケガの回復から、幼児期の遊び、復学、就労、家事、余暇活動など、人生の様々な場面で支援を行う専門職です。本専攻では、医療職としての知識を学ぶ授業と共に、「こころ」のリハビリテーションに重要な、精神・心理に関する実践的な授業を行います。これらを通して、作業療法士に必要な「広い視野」と「柔軟な思考力」の育成に力を入れています。

リハビリテーション学科 生活機能療法学専攻の卒業生

林 和樹 (2013年3月卒業)
【取得資格】 作業療法士

患者さんに選ばれる
作業療法士目指して毎日奮闘中です。

リハビリテーション病院で作業療法士として勤務しています。作業療法は、患者さんの人生に関わる仕事で、責任とやりがいを感じています。"(日常の)動作ができるようになった"と、笑顔の患者さんやご家族と一緒に喜ぶ時、作業療法士になって良かったと思います。将来、仕事の成果を国際学会で発表したいと、現在、猪突猛進中です。