熊本保健科学大学


学部・学科

メッセージ

学科長・専攻長からのメッセージ

看護学科 学科長・教授羽田野 花美

生涯にわたって自ら学び続ける看護職であってほしい

看護は人の生老病死に寄り添いながらその尊厳を守り、対象となる人の力を引き出していく仕事です。社会の変化に伴い看護の役割や働く場も広がり、より専門性の高い看護が求められています。決して平坦な道程ではなく、責任の重い仕事ですが、誰かのために自分の力が役立つ喜びがあります。「なりたい自分」になるために、自らの可能性を広げるために、ともに学んでいきませんか。

看護学科の卒業生

松岡 由美 (2012年3月卒業)
【取得資格】 看護師、保健師

卒業して就職した今でも、
大学時代の仲間に支えられています。

国家試験は、多くの仲間や先生に支えられて乗り越えることができました。現在、私の受け持ちは重症度の高い患者さんや術後の患者さんなので、特に責任の重さを感じています。覚えることや身につける知識も多くて大変ですが、当時の仲間は今も同じ看護師の仲間なので、悩みの相談や励ましなど、いつも支えられています。

諸見里 綾奈 (2017年3月卒業)
【取得資格】 看護師

大学時代の出会いを胸に
看護師としての道を歩んでいます。

沖縄から熊本へ進学した当時は不安でいっぱいでしたが、同郷の友人や先輩も多く、すぐに勉強もプライベートも充実させることができました。いつも私たちのことを一番に考えてくれる先生方にも恵まれ、卒業後は、大学病院の整形外科で看護師として働いています。患者さんの日々増える笑顔が、私の仕事をするうえでのやりがいです。