熊本保健科学大学

資料請求はこちら


学部・学科

卒業までの道のり

4年間の流れ

1・2年次

【基礎科目の勉強】

1年次には看護の基礎として、人間の体の仕組みやはたらき(人体の構造と機能)、病気の成り立ち(基礎病態論)、看護の歴史や役割(看護学概論)、コミュニケーション技法や血圧測定など基礎的な看護技術(看護の共通基本技術)、食事や清潔など日常生活の援助方法(日常生活の援助技術)を学びます。2年次に入るとより専門性が高くなり、様々な病気と治療の実際(臨床病態論)、各分野の看護に必要な知識・技術(各分野の看護論、診断・治療における看護など)を幅広く学びます。

3・4年次

【臨地実習・専門科目の勉強】

3年次は臨地実習が大きな位置を占めます。講義や演習で学んだ知識や技術を携え、実際に看護が行われている現場に出て、様々な人と接することで実践的な看護の力を身につけていきます。病院だけではなく、介護保険施設、在宅、地域といった、様々な療養の場と看護を体験することになります。
4年次には総まとめの実習(看護総合実習)の他、これまでの講義や実習から自分が探究したいテーマを設定する課題研究などに取り組みます。
保健師を選択する人は、公衆衛生看護に関する科目が必修となります。

【臨地実習について】

看護学科では、1年次には1週間(基礎看護実習Ⅰ:療養する人の生活とその看護を知る)、2年次には2週間(基礎看護実習Ⅱ:療養する人に必要な看護を考える)、そして3年次には8か月にわたって(小児、母性、成人Ⅰ・Ⅱ、老年Ⅰ・Ⅱ、精神、在宅看護実習)、4年次には2週間(看護総合実習)の実習を行います。

看護学科の国家試験対策

国家試験対策の学生委員が主体となって対策を行います。学生委員は3年次後期に選出し、まず4年次学生委員と委員活動について情報交換会を実施します。それを参考に、模試や補習講義、特別講義、自主勉強会、業者による夏期・冬期学内集中講座および直前演習などを計画・運営します。教員委員は学生委員をサポートしながら、模試の成績および学生の取り組み状況の分析を行い、必要に応じて個別面接、個別指導、小集団特別強化指導を実施します。

カリキュラム

このカリキュラムは2021年度入学生のものです。
※2022年度(2022年4月)入学生からは、保健師選択制を廃止し、看護教育カリキュラムを充実させる予定です。

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次
  • 4年次
    • ●= 必修科目 ○= 選択科目
    • = 保健師国家試験受験資格に必要な選択必修科目:「統計学入門」「保健行政論」「疫学」「保健統計論」「公衆衛生看護活動論」「公衆衛生看護展開の技術」「健康教育論」「公衆衛生看護管理論」「学校・産業保健」「公衆衛生看護実習Ⅰ」「公衆衛生看護実習ⅡA」「公衆衛生看護実習ⅡB」「公衆衛生看護実習Ⅲ」を習得すること。
    • *:保健師免許を取得後、養護教論二種を申請取得するためには「法と人間」「健康スポーツ科学」を修得すること。
    • ※:「臨床検査概論」「リハビリテーション概論」のうち1科目選択すること
    • ◎:「英語Ⅰ」「英語Ⅱ」:TOEIC試験500点以上の場合、任意でいずれかの単位を認定する。



    コモン・ベーシックス 基礎セミナー
    情報科学
    アカデミックスキルI(入門)
    アカデミックスキルII(基礎)
    人文科学 芸術と人間
    文学入門
    心理学
    社会科学 社会学
    法と人間 *○
    環境と経済
    自然科学 統計学入門
    生命と進化
    環境と生命
    健康スポーツ科学 *○
    コミュニケーションの技法 カウンセリング技法
    レクリエーション技法
    英語Ⅰ ◎●
    英語Ⅱ ◎●
    保健科学基幹科目 保健医療概論
    生活保健論
    臨床検査概論 ※○
    リハビリテーション概論 ※○
    災害時における保健医療





    生命現象の基礎 人体の構造と機能Ⅰ
    人体の構造と機能Ⅱ
    人体の構造と機能演習
    生化学
    微生物学
    健康障害の成り立ち 基礎病態論
    臨床病態論Ⅰ(内科学総論・各論)
    社会生活と健康 社会福祉論



    看護の基礎 看護学概論I
    看護学概論Ⅱ
    看護セミナー
    看護の共通基本技術
    日常生活の援助技術I
    日常生活の援助技術Ⅱ
    基礎看護実習I
    • ●= 必修科目 ○= 選択科目
    • *= 保健師免許を取得後、養護教諭二種を申請取得するためには「法と人間」「健康スポ-ツ科学」を修得すること。



    コモン・ベーシックス アカデミックスキルIII(応用)
    スキルアップセミナー
    人文科学 哲学
    文学入門
    社会科学 法と人間 *○
    自然科学 生命と進化
    情報処理技術
    コミュニケーションの技法 英語Ⅲ
    英語Ⅳ
    保健科学基幹科目 災害時における保健医療





    健康障害の成り立ち 臨床病態論II(精神神経・皮膚・感染症)
    臨床病態論III(感覚・運動・生殖器)
    臨床病態論IV(母性・小児)
    回復の援助技術 治療概論
    臨床薬物論
    臨床栄養論



    看護の基礎 看護過程展開の技術I
    看護過程展開の技術II
    診断・治療における看護 ● 
    基礎看護実習II ● 
    社会生活と看護 在宅看護論
    在宅看護方法論I
    公衆衛生看護概論I
    健康と看護 成人看護論Ⅰ
    成人看護論Ⅱ急性期
    成人看護論Ⅲ慢性期
    老年看護論Ⅰ
    老年看護論Ⅱ
    小児看護論Ⅰ
    小児看護論Ⅱ
    母性看護論Ⅰ
    母性看護論Ⅱ
    精神看護論Ⅰ
    精神看護論Ⅱ
    • ●= 必修科目 ○= 選択科目
    • = 保健師国家試験受験資格に必要な選択必修科目:「統計学入門」「保健行政論」「疫学」「保健統計論」「公衆衛生看護活動論」「公衆衛生看護展開の技術」「健康教育論」「公衆衛生看護管理論」「学校・産業保健」「公衆衛生看護実習Ⅰ」「公衆衛生看護実習ⅡA」「公衆衛生看護実習ⅡB」「公衆衛生看護実習Ⅲ」を習得すること。
    • ▽:「がん看護論」「ターミナルケア論」「リハビリテーション看護論」「救急看護論」のうち1科目以上を選択すること。





    社会生活と健康 保健行政論
    公衆衛生学
    疫学
    保健統計論



    社会生活と看護 在宅看護実習
    在宅看護方法論II
    公衆衛生看護概論II
    健康教育論
    公衆衛生看護方法論
    健康と看護 成人看護実習Ⅰ
    成人看護実習Ⅱ
    老年看護実習Ⅰ
    老年看護実習Ⅱ
    小児看護実習
    母性看護実習
    精神看護実習
    看護の統合と展開 看護実践演習I
    看護実践演習II
    感染看護論
    がん看護論
    災害看護論
    リハビリテーション看護論 ▽○
    救急看護論 ▽○
    看護研究入門
    • ●= 必修科目 ○= 選択科目
    • = 保健師国家試験受験資格に必要な選択必修科目:「統計学入門」「保健行政論」「疫学」「保健統計論」「公衆衛生看護活動論」「公衆衛生看護展開の技術」「健康教育論」「公衆衛生看護管理論」「学校・産業保健」「公衆衛生看護実習Ⅰ」「公衆衛生看護実習ⅡA」「公衆衛生看護実習ⅡB」「公衆衛生看護実習Ⅲ」を習得すること。
    • ▽:「がん看護論」「ターミナルケア論」「リハビリテーション看護論」「救急看護論」のうち1科目以上を選択すること。
    • ☆:「公衆衛生看護実習I「」公衆衛生看護実習II「」公衆衛生看護活動論II」 は、保健師国家試験受験資格取得予定者のみ履修可。



    人文科学 哲学
    芸術と人間
    社会科学 社会学
    教育学
    文化と経済
    自然科学 環境と生命
    コミュニケーションの技法 英語Ⅴ
    英語Ⅵ
    英語Ⅶ
    保健科学基幹科目 災害時における保健医療
    生命と倫理
    チーム医療演習





    社会生活と健康 医事法規



    社会生活と看護 学校・産業保健
    公衆衛生看護活動論I
    公衆衛生看護活動論II ☆○
    公衆衛生看護管理論
    公衆衛生看護実習I ☆○
    公衆衛生看護実習II ☆○
    看護の統合と展開 看護教育方法論 ▽○

    看護倫理

    看護管理論
    医療安全管理
    国際看護活動論
    看護研究演習I
    看護研究演習II
    代替医療
    治験学概論
    特別演習
    看護総合実習

看護学科の開講科目について知りたい方は下記をクリック

卒業要件