熊本保健科学大学


学部・学科

卒業までの道のり

4年間の流れ

1・2年次

【基礎科目の勉強】

1年次には看護の基礎として、人間の体の仕組みやはたらき(人体の構造と機能)、病気の成り立ち(基礎病態論)、看護の歴史や役割(看護学概論)、コミュニケーション技法や血圧測定など基礎的な看護技術(看護の共通基本技術)、食事や清潔など日常生活の援助方法(日常生活の援助技術)を学びます。2年次に入るとより専門性が高くなり、様々な病気と治療の実際(臨床病態論)、各分野の看護に必要な知識・技術(各分野の看護論、診断・治療における看護など)を幅広く学びます。

3・4年次

【臨地実習・専門科目の勉強】

3年次は臨地実習が大きな位置を占めます。講義や演習で学んだ知識や技術を携え、実際に看護が行われている現場に出て、様々な人と接することで実践的な看護の力を身につけていきます。病院だけではなく、介護保険施設、在宅、地域といった、様々な療養の場と看護を体験することになります。
4年次には総まとめの実習(看護総合実習)の他、これまでの講義や実習から自分が探究したいテーマを設定する課題研究などに取り組みます。
保健師を選択する人は、公衆衛生看護に関する科目が必修となります。

【臨地実習について】

看護学科では、1年次には1週間(基礎看護実習Ⅰ:療養する人の生活とその看護を知る)、2年次には2週間(基礎看護実習Ⅱ:療養する人に必要な看護を考える)、そして3年次には8か月にわたって(小児、母性、成人Ⅰ・Ⅱ、老年Ⅰ・Ⅱ、精神、在宅看護実習)、4年次には2週間(看護総合実習)の実習を行います。
それに加えて保健師を選択する人は、3および4年次に周辺地域や各地の保健所・保健センターにおける6週間の実習が必修科目となります。

看護学科の国家試験対策

国家試験対策の学生委員が主体となって対策を行います。学生委員は3年次後期に選出し、まず4年次学生委員と委員活動について情報交換会を実施します。それを参考に、模試や補習講義、特別講義、自主勉強会、業者による夏期・冬期学内集中講座および直前演習などを計画・運営します。教員委員は学生委員をサポートしながら、模試の成績および学生の取り組み状況の分析を行い、必要に応じて個別面接、個別指導、小集団特別強化指導を実施します。

カリキュラム

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次
  • 4年次
    • ●= 必修科目 ○= 選択科目
    • = 保健師国家試験受験資格に必要な選択必修科目:「統計学入門」「保健行政論」「疫学」「保健統計論」「公衆衛生看護活動論」「公衆衛生看護展開の技術」「健康教育論」「公衆衛生看護管理論」「学校・産業保健」「公衆衛生看護実習Ⅰ」「公衆衛生看護実習ⅡA」「公衆衛生看護実習ⅡB」「公衆衛生看護実習Ⅲ」を習得すること。
    • *:保健師免許を取得後、養護教論二種を申請取得するためには「法と人間」「健康スポーツ科学」を修得すること。
    • ※:「臨床検査概論」「リハビリテーション概論」のうち1科目選択すること
    • ◎:「英語Ⅰ」「英語Ⅱ」:TOEIC試験500点以上の場合、任意でいずれかの単位を認定する。



    コモン・ベーシックス ライフサイエンス入門
    基礎セミナー
    情報科学
    現代情報リテラシー
    人文科学 芸術と人間
    文学入門
    心理学
    社会科学 社会学
    法と人間 *○
    環境と経済
    自然科学 統計学入門
    生命と進化
    環境と生命
    健康スポーツ科学 *○
    コミュニケーション技法 カウンセリング技法
    レクリエーション技法
    英語Ⅰ ◎●
    英語Ⅱ ◎●
    保健科学基幹科目 保健医療概論
    生活保健論
    臨床検査概論 ※○
    リハビリテーション概論 ※○
    災害時における保健医療





    生命現象の基礎 人体の構造と機能Ⅰ
    人体の構造と機能Ⅱ
    人体の構造と機能演習
    生化学
    微生物学
    健康障害の成り立ち 基礎病態論
    臨床病態論Ⅰ
    社会生活と健康 社会福祉論



    看護の基礎 看護学概論Ⅰ
    看護学概論Ⅱ
    看護の共通基本技術
    日常生活の援助技術
    基礎看護実習Ⅰ
    看護の統合と展開 感染看護論
    看護セミナーⅠ
    • ●= 必修科目 ○= 選択科目



    人文科学 哲学
    文学入門
    社会科学 法と人間
    自然科学 生命と進化
    情報処理技術
    コミュニケーション技法 英語Ⅲ
    英語Ⅳ
    保健科学基幹科目 災害時における保健医療





    健康障害の成り立ち 臨床病態論Ⅱ
    臨床病態論Ⅲ
    小児病態論
    母性病態論
    回復の援助技術 治療概論
    臨床薬物論
    臨床栄養論



    看護の基礎 看護過程展開の技術
    診断・治療における看護
    基礎看護実習Ⅱ ● 
    社会生活と看護 公衆衛生看護概論
    在宅看護論
    在宅看護方法論
    健康と看護 成人看護論Ⅰ
    成人看護論Ⅱ急性期
    成人看護論Ⅲ慢性期
    老年看護論Ⅰ
    老年看護論Ⅱ
    小児看護論Ⅰ
    小児看護論Ⅱ
    母性看護論Ⅰ
    母性看護論Ⅱ
    精神看護論Ⅰ
    精神看護論Ⅱ
    看護の統合と展開 看護の総合演習Ⅰ
    • ●= 必修科目 ○= 選択科目
    • = 保健師国家試験受験資格に必要な選択必修科目:「統計学入門」「保健行政論」「疫学」「保健統計論」「公衆衛生看護活動論」「公衆衛生看護展開の技術」「健康教育論」「公衆衛生看護管理論」「学校・産業保健」「公衆衛生看護実習Ⅰ」「公衆衛生看護実習ⅡA」「公衆衛生看護実習ⅡB」「公衆衛生看護実習Ⅲ」を習得すること。
    • ▽:「がん看護論」「ターミナルケア論」「リハビリテーション看護論」「救急看護論」のうち1科目以上を選択すること。





    社会生活と健康 保健行政論
    公衆衛生学
    疫学
    保健統計論



    社会生活と看護 公衆衛生看護活動論
    公衆衛生看護展開の技術
    健康教育論
    在宅看護実習
    公衆衛生看護実習Ⅰ
    健康と看護 成人看護実習Ⅰ
    成人看護実習Ⅱ
    老年看護実習Ⅰ
    老年看護実習Ⅱ
    小児看護実習
    母性看護実習
    精神看護実習
    看護の統合と展開 がん看護論 ▽○
    ターミナルケア論 ▽○
    リハビリテーション看護論 ▽○
    救急看護論 ▽○
    看護の統合演習Ⅱ
    • ●= 必修科目 ○= 選択科目
    • = 保健師国家試験受験資格に必要な選択必修科目:「統計学入門」「保健行政論」「疫学」「保健統計論」「公衆衛生看護活動論」「公衆衛生看護展開の技術」「健康教育論」「公衆衛生看護管理論」「学校・産業保健」「公衆衛生看護実習Ⅰ」「公衆衛生看護実習ⅡA」「公衆衛生看護実習ⅡB」「公衆衛生看護実習Ⅲ」を習得すること。
    • ▽:「がん看護論」「ターミナルケア論」「リハビリテーション看護論」「救急看護論」のうち1科目以上を選択すること。



    人文科学 哲学
    芸術と人間
    社会科学 社会学
    教育学
    文化と経済
    自然科学 環境と生命
    コミュニケーションの技法 英語Ⅴ
    英語Ⅵ
    英語Ⅶ
    保健科学基幹科目 生命と倫理
    チーム医療演習
    災害時における保健医療





    社会生活と看護 医事法規



    看護の基礎 看護マネージメント論
    社会生活と看護 公衆衛生看護管理論
    国際保健活動論
    学校・産業保健
    公衆衛生看護実習ⅡA
    公衆衛生看護実習ⅡB
    公衆衛生看護実習Ⅲ
    看護の統合と展開 看護倫理

    医療安全管理

    課題研究演習Ⅰ
    課題研究演習Ⅱ
    がん看護論 ▽○
    ターミナルケア論 ▽○
    リハビリテーション看護論 ▽○
    救急看護論 ▽○
    代替医療
    治験学概論
    看護セミナーⅡ
    特別演習
    看護総合実習

看護学科の開講科目について知りたい方は下記をクリック

卒業要件