熊本保健科学大学


学部・学科

共通科目で養う基礎力

人間について幅広い視野を獲得する

《専門科目》が学科や専攻ごとに特定分野の学びを深めるのに対し、《共通科目》は保健科学部のすべての学科に開講される科目です。ここでは幅広い学問分野の学びを通して、人と関わっていくうえで必要となる思考力や感受性、コミュニケーション力などを磨きます。そのため、共通科目を学ぶことは、医療人としてのみならず、社会人としての素養を身につけるための大切な課程となります。熊本保健科学大学では、共通科目として教養科目と保健科学基幹科目を設置しています。

こんな力を養います

 

連携恊働する力

円滑な人間関係を築く力、情報を正確に伝える力。これらは、チーム医療において重要になってきます。熊本保健科学大学では、学科の枠を超えた講義やセミナーを通して連携協働する力の涵養を目指します。

広い視野で考える力

人間が創造してきた文化、人間が織りなす関係としての社会、人間を含む自然の秩序など、多岐にわたる授業と、様々な視点から人間の営みを見つめることにより、医療に従事する者としての立ち位置を広い視野から考えていきます。

グローバル社会に対応した英語力

グローバル化の波は医療の世界にも押し寄せています。熊本保健科学大学では医療関係の最新の情報を活用したり、コミュニケーションをとったりするための基盤となる英語力を身につけます。また、コンピュータによる英語学習システムを備え、TOEIC テスト受験もサポートしています。

情報リテラシー

情報を収集、加工、発信する力は、日常のあらゆる場面で求められます。また、情報モラルはますます重要となっています。コンピュータ操作の習熟と共に、文献検索やレポート作成、研究発表など、実践的な力を身につけます。