title10 02

就職支援課からのメッセージ

就職委員長のメッセージ

carrer01-2-2
本学の就職委員会は、医学検査学科、看護学科、リハビリテーション学科の3専攻と就職支援課からなる教職員で構成されています。すなわち、各学科や各専攻に応じたきめ細やかな就職支援が可能であります。この事実は、過去の高い就職率からも垣間見ることができます。
具体的には、入学時オリエンテーションから始まり、マナー講座、保護者会、就職ガイダンス、医療施設合同説明会、面接指導などが開催されます。全学年を通じてのサポートによって、学生の計画的な就職活動および進路決定が円滑に行えるような体制です。
就職委員会は、学生の希望する進路実現に向けて、時代のニーズに対応した人材育成も視野に入れながら、様々な取り組みを続けていきます。



就職支援課長のメッセージ

20170413-carrer01 本学の就職(進路決定)率は、開学以来毎年100%が達成されています。これは、学生諸君の努力もさることながら、授業・学外実習・スモールグループ等を通した日々の先生方の熱心な指導、そして先生方・就職委員会と連携した就職支援課のささやかな学生支援活動によるもので、とても誇り得ることです。
一方、「就職率100%」という実績は、医療スタッフの養成に特化した本学の領域では、当たり前のことを当たり前に実践していれば達成し得る当然の帰結です。今後目指すべきは、単なる数字の追及に留まることのない、より高品質の就職実績であると考えます。何を以って高品質であるかは議論の残るところではありますが、先ずは学生諸君が希望する施設への就職を主体的且つ確実に達成すること、そして個々の就職先で将来不可欠の戦力となることを予見し得る状況にすることだと思います。
就職支援課は、これから「テーラーメイド(TM)就職支援」と銘打って、就職・進学を希望する個々の学生の個性に適う就職支援に努めます。そのため、就職・進学先を広く深く研究します。行動します。そして、学生を知る努力を惜しみません。手始めに、4年生全員との個別面談を実施します。皆が満足感溢れる笑顔で熊保大を巣立つ姿を描きつつ、高品質の就職実績を達成すべく使命を果たす所存です。どうぞお任せください。

ページの先頭へ