入学案内

平成28年熊本地震または平成29年九州北部豪雨により被災した志願者に対する減免措置につい て

熊本保健科学大学では、平成28年熊本地震または平成29年九州北部豪雨により被災された志願者の経済的負担を軽減し進学機会の確保を図るため、平成30年度入学志願者に対して、下記要領で減免措置を実施することとしました。
つきましては、該当する方で、下記に示す措置を希望する場合は、所定の手続きをおとりいただきますようご案内いたします。



減免措置の対象となる方


本学の平成30年度入学試験(学部 及び大学院、助産別科、認定看護師教育課程)志願者及び 平成30年度入学者




減免措置の概要


【入学検定料の減免措置】

  申請事由 減免額
学費を負担するはずであった保護者等(主たる生計主)が死亡した場合 平成30年度入試の入学検定料の全額
学費を負担する者(保護者等)が居住する家屋が全壊(流出・消失)・半壊・大規模半壊の被害を受けた場合

※勤労学生等で学生本人が学費を負担する場合は、学生本人が居住する家屋損壊が対象です。

※損壊した居住家屋について持家・借家は問いません。



【学納金の減免措置】

  申請事由 減免額 減免額
学費を負担するはずであった保護者等(主たる生計主)が死亡した場合

入学金を除く平成30年度学納金(年額)の全額

医学検査学科:130万円
リハビリテーション学科 : 130万円
看護学科:120万円
学費を負担する者(保護者等)が所有し居住する家屋全壊(流出・消失)の被害を受けた場合
学費を負担する者(保護者等)が所有し居住する家屋半壊・大規模半壊の被害を受けた場合 入学金を除く平成30年度学納金(年額)の半額 医学検査学科:65万円
リハビリテーション学科:65万円
看護学科:60万円

※減免の対象となる学納金の範囲は、平成29年度の授業料、実験実習料、施設設備資金・教材充実料・厚生料で、入学時のみに発生する入学金や委託徴収金は対象となりません。

※勤労学生等で学生本人が学費を負担している場合は、学生本人が所有し居住する家屋が対象です。

※平成28年度以降、既に本学の学納金減免措置を受けた者は対象外となります。
 (例:4年生で一度学納金減免を受け、平成30年度に大学院や助産別科に入学する者)




減免申請に必要な書類


【入学検定料の減免措置】

①の場合は、死亡を証明する書類(コピー可)。

②の場合は、市町村の発行する罹災証明書(全壊・大規模半壊・半壊等の記載のあるもの。コピー可)。


【学納金の減免措置】

①の場合は、死亡を証明する書類(コピー可)および学納金減免申請書 。

②③の場合は、市町村の発行する罹災証明書(全壊・大規模半壊・半壊等の記載のあるもの。コピー可)

および学納金減免申請書。なお、罹災証明に家屋所有の表示がない場合は、固定資産証明等家屋の 所有を証明する書類(コピー可)も必要です。



申請方法


【入学検定料の減免措置】

所定の申請書類を、出願書類とともに提出してください。なお、この場合は、出願時に「入学検定 料」を払い込まないでください。
(※Web出願登録では、「免除を申請する」をチェックすると、入学検定料が0円となります。)


【学納金の減免措置】

学納金の減免申請手続きについては、合格通知に同封される書面にてお知らせいたします。


お問い合わせ先

  • 入試課(直通)
  • TEL 096-275-2215





ページの先頭へ