別科からのメッセージ

別科からのメッセージ

助産別科を目指すみなさんへ


midwifery-top01
別科長・教授
竪野 眞紀子
 看護教育の大学化に伴い助産師養成数は少なくなってきました。その反面、学生や臨床看護師の助産師の資格取得希望は高く、それにこたえるべく本学では別科課程を開設しました。助産学を大学別科課程で教育するのは全国でも初めての試みです。
 学びの動機は「専門性を深めたい、妊娠・出産にかかわりたい、女性の 健康にかかわりたい」などさまざまですが、本学では、臨床経験がある学生が多く学んでいます。
 助産学は、人間の性と生殖に関わるケアを科学的に学ぶ学問です。医療技術の進歩や保健サービスにより妊娠・出産は安全なものとなってきました。もちろん、女性や家族は安全でより快適な出産を望んでおり、それを助産師に求めています。
 本学別科では、コミュニケーション能力を基盤にして、思春期から老年期まで女性の一生の健康生活を支える能力、主体的に助産ケアができる能力を持つ人材を育てていきたいと思っています。助産の専門職として、未来への視点を持ち、学びをとおして次世代をはぐくむケア・女性の健康を増進するケアをみなさんと探求していきたいと思っています。
 

ページの先頭へ