入学案内

入試情報

募集要項

平成30年度学生募集要項

テレメールで資料請求ができます
テレメールで資料を請求する


募集人員

研究科専攻 領域 募集人員
保健科学研究科
保健科学専攻
臨床検査領域 10名
リハビリテーション領域


試験区分・募集人員・出願資格

試験区分 募集人員 出願資格
推薦選抜 10名
(1)学校教育法83条の大学を平成29年3月以降に卒業した者及び平成30年3月までに卒業見込みの者
(2)指定された専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たす者に限る)を平成29年3月以降に修了した者及び平成30年3月までに修了見込みの者
社会人選抜 臨床検査技師、看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等の免許を有し、出願時に社会人としての実務経験が1年以上かつ平成30年3月31日現在満24歳以上の者
一般選抜
(1) 学校教育法第83条の大学を卒業した者及び平成30年3月までに卒業見込みの者
(2) 学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者及び平成30年3月までに授与される見込みの者
(3) 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者及び平成30年3月までに修了見込みの者
(4) 外国の学校が行う通信教育における授業科目をわが国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成30年3月までに修了見込みの者
(5) 指定された専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たす者に限る)を修了した者及び平成30年3月までに修了見込みの者
(6) 文部科学大臣が指定した者(昭和28年文部省告示第5号)
(7) 学校教育法第83条の大学に3年以上在学し、又は外国において学校教育における15年の課程を修了し、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと本学大学院において認められた者(在学または修了見込みの者を含む)
(8) その他、大学を卒業した者と同等以上の学力があると本学大学院において認められた者で22歳に達したもの及び平成30年3月までに達するもの
※上記に該当されない方は、出願資格審査を受けることができます。
詳しくは募集要項、または入試広報課でご確認ください。


日程

推薦選抜

出願期間 平成29年10月16日(月)〜平成29年10月27日(金)
選考日 平成29年11月4日(土)
合格発表 平成29年11月17日(金)
入学手続 平成29年11月17日(金)〜平成29年12月1日(金)

社会人選抜(Ⅰ期)

出願期間 平成29年10月16日(月)〜平成29年10月27日(金)
選考日 平成29年11月4日(土)
合格発表 平成29年11月17日(金)
入学手続 平成29年11月17日(金)〜平成29年12月1日(金)

一般選抜

出願期間 平成30年2月13日(火)〜平成30年2月28日(水)
選考日 平成30年3月3日(土)
合格発表 平成30年3月9日(金)
入学手続 平成30年3月9日(金)〜平成30年3月20日(火)

社会人選抜(Ⅱ期)

出願期間 平成30年2月13日(火)〜平成30年2月28日(水)
選考日 平成30年3月3日(土)
合格発表

平成30年3月9日(金)

入学手続 平成30年3月9日(金)〜平成30年3月20日(火)

※ 欠員があるときは、平成30年3月1日(木)以降に出願を受理する場合がありますので、入試課までお問い合わせください。ただし「5.出願資格」のいずれかを満たしていることが必須です。

選抜方法・試験科目

入学者選抜は、筆記試験および面接試験の結果、並びに学業成績証明書等を総合的に判定して行います。

推薦選抜

種別 科目 内容
筆記試験 小論文及び英語 筆記試験
面接試験 面接試験 個人面接

社会人選抜(Ⅰ期)

種別 科目 内容
筆記試験 小論文 筆記試験
面接試験 面接試験 個人面接

一般選抜

種別 科目 内容
筆記試験 小論文及び英語 筆記試験
面接試験 面接試験 個人面接

社会人選抜(Ⅱ期)

種別 科目 内容
筆記試験 小論文 筆記試験
面接試験 面接試験 個人面接




入学検定料

試験区分 入学検定料
推薦選抜 30.000円
社会人選抜
一般選抜

平成28年熊本地震または平成29年九州北部豪雨により被災された志願者の経済的負担を軽減し進学機会の確保を図るため、平成30年度入学志願者に対して、減免措置を実施することとしました。

詳しくは、こちらからご覧ください。

 



長期履修制度

この制度は、学生が職業を有している等の事情により、標準修業年限を超えて一定の期間にわたり計画的に授業を履修し、修了することができる制度です。ただし、入学時に本制度の申請をすることが必要です。詳細は募集要項で確認してください。

(1)対象者
1.職業を有している方
2.育児・介護等により標準の修業年限で修了することが困難な方
(2)長期履修期間
延長期間は1年を限度とします。したがって修業年限は3年となります。



入学金および学納金

学納金内訳 1年次 2年次 学納金合計
前期 後期 前期 後期
入学金 200,000円 - - - 200,000円
授業料 400,000円 400,000円 400,000円 400,000円 1,600,000円
実験実習料 50,000円 50,000円 50,000円 50,000円 200,000円
施設設備資金他 50,000円 50,000円 50,000円 50,000円 200,000円
合計 700,000円 500,000円 500,000円 500,000円 2,200,000円
年次合計 1,200,000円 1,000,000円
(1)学納金は、前期・後期の2期分納です(後期は9月30日が納入期限となります)。
(2)上記学納金の他に、後援会費・保険料などの委託徴収金があります。
(3)委託徴収金は、入学手続きの際に、平成30年度前期学納金と同時に徴収します。
(4)長期履修制度を利用した場合は、2年間の学納金を按分し計算した額になります。(別途申請が必要)


授業料等の減免制度

■本学の卒業(見込み)者及び銀杏学園短期大学の卒業者については、入学金の半額(100,000円)を免除します。
■本学の卒業(見込み)者、銀杏学園短期大学の卒業者及び本学の学外実習受入れ機関等の職員が本大学院に入学した場合は、学納金のうち授業料について半額(年額400,000円)を免除します。

 

平成28年熊本地震または平成29年九州北部豪雨により被災された志願者の経済的負担を軽減し進学機会の確保を図るため、平成30年度入学志願者に対して、減免措置を実施することとしました。

詳しくは、こちらからご覧ください。


ページの先頭へ