理想と目標

教育理念・教育目標・3つの方針

教育理念

保健科学分野における先端領域を理解し、豊かな人間性を備えた資質の高いメディカルスタッフとして、他の専門職と緊密に連携・協力できる高度専門職および医療現場で指導的役割を果たすことができる人材、並びに専門領域で技術の改良やその技術を臨床へ応用できる人材を養成し、活力ある長寿社会の実現に向け貢献します。

研究科の目的

研究科は、保健科学分野、特に生命科学領域の急進的な発展に対応できる高度専門職の育成を目的とする。これら人材が保健医療等に携わる専門職として活躍することにより、高齢社会におけるヘルスプロモーション、予防医学、地域医療あるいは診断治療等の場を通して、社会に貢献することを目的とする。

教育目標

1. 高度な専門的知識・能力を備えた専門職業人の養成
2. 管理実践能力を持ち、医療現場で指導的役割を担える人材の養成
3. 専門分野における技術の改良やその臨床応用ができる人材の養成
4. 幅広い視野をもつ人材の養成
5. 社会人に対する大学院教育の門戸の開放

 

入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)

1. 保健・医療の高度専門職を志す動機や意欲を有する者
2. 保健科学に対する高度な探究心を保持し、謙虚で豊かな感性を有する者
3. 保健・医療・福祉サービス等の医療の現場にあって、責任感に溢れ次世代の実践的リーダーとなるべき資質を有する者
4. 他職種との連携やチームワークに必要な協調性を有する者

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

熊本保健科学大学大学院修士課程の教育においては、保健科学研究科保健科学専攻が「教育研究上の目的」として掲げる「教育目標」のもとで、高度医療専門職を育成するカリキュラムを編成する

 

修了認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)


熊本保健科学大学大学院保健科学研究科保健科学専攻臨床検査領域

1. 保健科学分野の先端領域を理解し、技術の改良や技術の臨床への応用ができる
2. 豊かな人間性を備え、他の専門職と緊密に連携・協力できる
3. 医療現場で指導的役割を果たすことができる
4.

病気の兆候の把握や疾患を予測できる能力を養い、病気の予防及び早期の治療開始に寄与できる


熊本保健科学大学大学院保健科学研究科保健科学専攻リハビリテーション領域

1. 保健科学分野の先端領域を理解し、技術の改良や技術の臨床への応用ができる
2. 豊かな人間性を備え、他の専門職と緊密に連携・協力できる
3. 医療現場で指導的役割を果たすことができる
4.

健康維持・増進やQOL向上の専門的知識・技能を備え、地域リハビリテーションの充実に寄与できる


ページの先頭へ