学部・学科の案内

看護学科 卒業後の姿

取得できる資格

看護師(国家試験受験資格)
健康問題を抱えた人々に対する日常生活上の援助、医師が患者さんを診察する際の補助、疾病の予防や健康維持増進の援助などを行う国家資格です。

保健師(国家試験受験資格)※保健師科目選択者のみ
保健所などを中心に集団健診や健康相談を行ったり、地域住民に病気の予防や健康に関する助言・指導や訪問活動などを行う国家資格です。

養護教諭2種(保健師免許取得後申請可能)
教護教論は、児童・生徒の心身の健康管理を行う学校の保健教育の担い手。それだけに医療・看護・保健衛生などの幅広い知識と地域社会にまで及び視野を持つことが必要とされる。保健師免許取得後申請により取得可能な資格です。


活躍のフィールドと主な進路

病院
保健所
保健センター
訪問看護ステーション 保健福祉施設
看護系大学院への進学
助産師課程への進学
市町村役場など
>>看護学科の就職支援と就職状況

卒業後のキャリアアップ

助産師(国家資格)
助産行為、妊娠、育児に関する保健指導や相談業務などに携わる仕事で、看護士国家試験受験資格取得後、国指定の学校で1年以上学び、必要な単位を修得することで国家試験受験資格が得られます。
>>助産別科 

認定看護師・専門看護師(認定資格)
認定看護士は必要な教育課程を修了し、特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を用い、水準の高い看護を実践するスペシャリストです。また、専門看護士は特定の専門看護分野の知識と技術を深めた看護師に与えられる資格です。
>>キャリア教育研修センター(認定看護師教育課程)

上記の資格以外にも、ケアマネージャー、治験コーディネーター、移植コーディネーター、など様々なキャリアアップが可能です。



ページの先頭へ