キャンパスライフ

熊保大の学生支援

gakuseishien-top

スモールグループ

熊本保健科学大学では、すべての学科、別科において、学生一人ひとりをきめ細かく指導できるよう、スモールグループ担当制を採用しています。

スモールグループとは

学生と担当教員で構成される少人数グループのことで、学生生活や進路選択などを一人ひとりの状況に応じてサポートするためのシステムです。スモールグループ担当教員は、大学に設置されている様々な相談窓口の「総合案内」ともいえるものです。同じ教員が複数の学年のスモールグループを担当するので、学年を超えた交流も生まれます。※詳細は学科ごとに異なります。

メンバーってどうやって決めるの?

メンバー編成方法は学科ごとに異なりますが、基本的には各学生6〜8名の学生と担当教員1〜2名で構成します。1年次のグループ編成は入学式の翌日に発表されます。原則として、1〜2年ごとにグループが再編成されます。

gakuseishien-sg

スモールグループのメリット

どこに相談したらよいかわからないことがあれば、スモールグループ担当教員が窓口となり、必要なサポートを受けることができます。また、同じグループの学生同士の交流も、学生生活の支えとなります。スモールグループを通して、みなさんの学生生活を多方面からバックアップします。


保健室

gakuseishien-06 健全な学生生活を送るための健康管理を支援します。専任の看護師が常時待機し、心や体の健康についての相談に乗ったり、けがの応急処置を受けたりすることができます。

学生相談室

gakuseishien-01 担当教職員があらゆる問題について相談を受けるカウンセリングルームです。1人でも複数でも、友人や家族と一緒に尋ねることも可能です。

スタディ・サポート・カフェ

gakuseishien-07 学習や大学生活について、当番の教員に、気軽に質問できる、特に質問したいことがなくても気軽に足を運べる(お茶が飲めて、お菓子もある)ところ、それがスタディ・サポート・カフェ(通称「スタサ」)です。

ピア・サポーター

gakuseishien08 日々の勉強や学生生活の中で生じるちょっとした疑問や悩み、昼休みなどを利用して、先輩たちがそんなみなさんの相談に応えます。同じ学生だからこそ分かり合える、学生同士のサポート体制です。

就職支援課

gakuseishien-02 進路相談、模擬面接、履歴書やエントリーシートの添削、求人情報の提供、就職ガイダンスを主催する学内施設です。スペースの一角には、会社案内・求人票ファイル、就職参考書などの資料や就職情報検索用のパソコンも揃っています。
>>詳しくはこちら

奨学金

gakuseishien-05 経済的な不安があっても安心して学生生活が送れるように、熊保大には、日本学生支援機構、熊本県育英資金や各種民間団体の奨学金に加え、独自の奨学金制度を設置しています。
>>詳しくはこちら

同期会

gakuseishien-05-2 卒業後半年〜1年の間で卒業生を対象に情報交換会、懇親会を開催します(久しぶり、元気かい(会))教員と卒業生で情報交換会を行うことで、就職後の悩みを解決しています。

キャリアアップをサポート

gakuseishien-04 卒業後、さらなるキャリアアップを目指すみなさんのために、熊保大には、学術研究を極めるための大学院、助産師資格取得のための助産別科、認定看護師資格取得のためのキャリア教育研修センターが整備されています。


ページの先頭へ